テレビのリサイクル方法とリサイクル料金を徹底解説!

テレビを処分しようと考えたときに、リサイクル料金がどのくらいか、どうやって処分をしていいのかなど分かりにくいと思います。以前は自治体回収も可能でしたが、家電リサイクル法の施行以降は自治体での処分が不可能となりました。

  1. 家電リサイクルについて
  2. テレビのリサイクル料金について
  3. テレビのリサイクル方法とは
  4. テレビのリユースについて
  5. よくある質問

この記事を読むことでテレビのリサイクルと処分方法、さらに、テレビのリユース方法までがわかってしまいます。リサイクルだけではなく、リユースという手段も知れば処分方法の幅が広がり、安心してテレビを処分できるでしょう。

1.家電リサイクルについて

この項では、家電リサイクルについて紹介します。目的や必要性、そして、家電リサイクル法にもあわせて解説しましょう。

1-1.家電リサイクルとは

かつて廃家電は、鉄などの金属を回収する以外は、粗大ゴミとして埋め立て処分されていました。2001年に家電リサイクル法が施行され、廃家電を正しく回収・効率的に処理し、再び原材料としてリサイクル仕組みが確立されたのです。

1-2.目的と必要性

家電リサイクルは、ゴミの減量・資源の有効利用とエコ活動・環境保全のための取り組みです。粗大ゴミは埋め立て処分をされていましたが、非常に環境に悪く費用もかかります。そのために、家電はリサイクルが推奨されているのです。

1-3.家電リサイクル法について

家電リサイクル法とは、一般家庭から排出される家電製品から有用な部品・材料をリサイクルする法律です。家電リサイクル法の対象となる家電は、メーカー回収、または許可を取得した業者に処分を依頼します。処分方法がきちんと決められており、自治体で処分をすることはできません。ゴミ捨て場に対象製品を捨てた場合、罰金刑が科せられるでしょう。

1-4.対象商品とは

家電リサイクル法の対象商品は下記のものです。

  • エアコン
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫

2.テレビのリサイクル料金について

この項では、テレビのリサイクル料金について紹介をします。家電リサイクル法の対象となるテレビと対象にならないテレビについても解説していきましょう。

2-1.テレビのリサイクル料金とは

テレビをリサイクルするためには、リサイクル料金が必要になります。家電リサイクル法では、家電販売店に収集・運搬の義務を、メーカーにはリサイクルの義務があるのです。そして、家電を使用していた消費者には、リサイクルに必要な費用を負担するという役割分担をすることで循環型社会を形成を目指しています。

テレビのリサイクル料金は、15型以下の小型サイズで1,836円(税込)です。16型以上の大型サイズで2,916円(税込)となります。メーカーにより異なることがありますので、「一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター」にて確認をしてみましょう。

携帯用液晶テレビ・車載用液晶テレビは家電リサイクル法の対象外です。また、テレビチューナーのついていないディスプレイモニター・プロジェクションテレビも対象外になります。さらに、建築物に埋め込むように設置されたテレビや業務用テレビも対象外です。

2-2.付属品について

家電リサイクル法の対象付属品は、ワイヤレスリモコン(電池は除く)です。また、着脱式付属専用スピーカーも対象の付属品になります。テレビをリサイクルに出すときに一緒に出すことであわせて回収可能です。

2-3.そのほかに必要な書類など

メーカー・小売業者にテレビを回収してもらう場合「家電リサイクル券」というRKC(家電リサイクル券センター)が発行する券が必要になります。家電リサイクル券は回収業務を円滑にするためのものです。また、家電リサイクル券のシステムには、「料金郵便局振込方式」と「料金販売店回収方式」の2種類があります。

2-3-1.料金郵便局振込方式

郵便局で家電リサイクル券を購入して、直接RKCにリサイクル料金を支払います。

  • 引き取りの依頼をした家電量販店が、料金販売店回収方式を採用していない場合
  • 家電量販店が近所になく、自治体に引き取りを依頼する場合
  • 自分でリサイクル家電を指定引取場所に持ち込む場合

このような場合には、料金郵便局振込方式は有利でしょう。支払の手順については下記のようになります。

2-3-2.料金販売店回収方式

3.テレビのリサイクル方法とは

この項で、テレビのリサイクル方法について解説をします。テレビのリサイクル方法をきちんと把握してください。

3-1.リサイクル方法

リサイクル方法には、さまざまな方法があります。

また、ブラウン管・液晶テレビ・プラズマテレビなど種類により、リサイクル方法が異なるので注意しましょう。

3-1-1.ブラウン管の場合

ブラウン管の場合は、すでに日本国内で需要がありません。リサイクルショップによる回収を期待できないでしょう。そのため、メーカーに回収をしてもらうか、ブラウン管を収集している団体へ寄付、回収業者への回収を依頼します。

3-1-2.液晶テレビの場合

液晶テレビの需要は極めて高く、リサイクルショップで高価買取を期待することができます。発売されて5~7年以内の液晶テレビについては、さらに高価買取が期待できるでしょう。性能が高いものは需要が高く人気です。

3-1-3.プラズマテレビの場合

応答速度が速く、色の再現度が高いプラズマテレビは高性能タイプが多くなります。リサイクルショップや買取業者に買い取りを依頼すれば、高価買取を期待することができるでしょう。

3-1-4.そのほか

ほかのリサイクル方法は、テレビの下取りがあります。古いテレビを処分して新しいテレビを購入しようと考える場合は効率的です。新しく購入するテレビの金額から古いテレビの買取価格を差し引き、購入することができます。下取りをおこなっているのは家電量販店やテレビ関連業者です。買い替えをするのであれば検討をしてみましょう。

ただし、液晶が割れている・正常に動かないなどのテレビの下取りは不可能です。また、新しいテレビを購入するときのキャンペーンとして下取りをする場合があります。常に下取りをしてもらえるとは限らないケースも考えられますので注意をしましょう。

3-2.リサイクルの流れ

自治体・回収業者・そのほかの3つに区分し、リサイクルの流れをみていきましょう。きちんとリサイクル方法を把握してください。

3-2-1.自治体の場合

自治体でテレビを回収することはできません。そのため、回収を依頼しても回収業者や回収をしている小売業者の紹介にとどまります。小売業者の回収はメーカーへの引き渡し、回収業者ではリユース・リサイクルとなるでしょう。

3-2-2.回収業者などの場合

回収業者に依頼する場合、事前にホームページまたは電話で問い合わせをしましょう。回収してほしい家電の品目や大きさを伝えると見積もりをしてくれます。見積もり内容に納得したら自宅に回収に来てもらうという流れです。出張回収のほかに持ち込み回収、宅配回収などの回収方法があります。回収業者の中には悪徳業者が多く存在しますので、パソコンダストのような優良業者を利用するといいでしょう。

多くの回収業者があるなかで、なぜパソコンダストなのかといえば、出張回収・持込回収の他に宅配回収をおこなっています。宅配回収とは段ボール箱の中にテレビ・ノートパソコン・液晶モニター・タブレット端末などが入っている場合、送料が無料になるサービスです。つまり、いらないテレビを処分したい場合にかかる運搬料などが一切かからず、宅配回収なので日本全国から利用することができます。

3-2-3.そのほか

家電量販店の回収、インターネットオークションで売却する方法があります。回収を受けつけている家電量販店は多くありますが無料では回収してくれません。必ず収集・運搬費用が別途必要です。インターネットオークションの場合、買手が見つかるまで時間がかかります。また、クレーマーなどが購入した場合、後処理に時間をとられるでしょう。

3-3.リサイクルの追跡について

家電リサイクル券には、リサイクルの追跡をすることができる「お問い合わせ管理票番号」が記載されています。排出者向け引き取り確認サイトにて問い合わせ番号を入力すれば、製品がメーカーに引き渡されたのかを確認できるでしょう。回収してもらった家電がどのようになるのかがわかれば、安心して処分できます。

4.テレビのリユースについて

この項では、テレビのリユースについて紹介をしていきます。まだ、使用できるのであればリユースというのも1つの手段です。

4-1.買取りについて 

ここでは買取について解説しましょう。

まず、買取できるかできないかですが、発売から5年~7年以上経過したテレビについては買い取りをしてもらえない可能性があります。また、地デジ対応のシールが貼られていない商品については、原則として買い取り対象外です。

4-2.査定について

最新機種に近いテレビであれば、高価査定を期待することができます。また取扱説明書などの付属品を一緒に持って行くと査定額は高くなるでしょう。

4-3.買取りしてくれるところ

リサイクルショップやテレビ買取専門店などがありますので、そのような場所に相談をしましょう。

4-4.業者の選び方

業者の選び方は「古物商許可番号」をホームページなどに明記している場所が第一です。古物商許可が無ければ、リユース品を販売することができません。そして、古物商許可番号とは偽造することのできない番号なので、明記してある場所は信頼することができます。また、対応が丁寧で迅速であるというのも重要です。少しでも違和感を覚えたら、別の店舗へ行くことをお勧めします。

4-5.買取相場

液晶テレビの買取可能期間は5年といわれており、4Kテレビなどの高機能なテレビの場合は高額での取引を期待することができます。しかし、発売開始から5年経過しているテレビの場合、高性能ではない限り1インチ500円が買取価格の相場です。

4-6.買取方法

買取方法は、下記の3つです。

宅配買取があります。そのため、日本全国から任意の専門店へ買取依頼をすることが可能です。

4-7.注意点

近年のテレビにはB-CASカードというものがついてきます。B-CASカードの有無で買取価格が減額されりケースもあるようです。しかし、B-CASカードは売買することが禁止されています。そのため、買取前に、B-CASカードのカスタマーセンターへ電話をかけて使用者名義の申請をおこないましょう。そうすることで、売買禁止のB-CASカードをテレビと一緒に売却することができます。結果として、テレビの価格を下げずに済むでしょう。

5.よくある質問

5-1.テレビを高額で買い取ってもらう方法は?

5~7年以内のテレビは買取の対象ですが、5年以内に売却すると高価買取をしてもらえます。6年以上経過した液晶テレビを買いたいという人が少ないからです。

5-2.付属品は一緒に売った方がいいの?

テレビはリモコンで操作をしますので、リモコンなどの付属品は必須です。また、購入時に付属してきたものはすべて持っていくことをお勧めします。高価買取が期待できるからです。また、B-CASカードは買取価格に大きな影響を与えます。外箱があればなお高価買取が期待できるでしょう。

5-3.不用品回収業者が軽トラで回っていますが、処分を任せてもいいですか?

街中を軽トラで巡回して、大音量で無料買取を宣伝する業者は高い確率で悪徳業者です。

5-4.安心できる回収業者は?

古物商許可を持っていて、なおかつ、古物商許可番号を掲載している業者は有料業者の可能性が高くなります。古物商許可を取得していなければ、回収作業をすることは、そもそもできません。

5-5.テレビの下取り価格は何円くらい?

家電量販店でのテレビの下取り価格は、2万円前後と考えておけば間違いありません。発売日から時間が経過していると価格は安くなります。また、テレビの型番・メーカーによっても買取価格は大きく変動しますで注意が必要です。しかし、販売されてから日が浅いものほど高く売れるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょう。テレビのリサイクル料金についてわかったと思います。リサイクル料金を安く抑えるのであれば、パソコンダストのような、送料無料で無料回収してくれる専門の業者を見つけて処分を依頼するといいでしょう。