パソコンの寿命は何年? その症状、寿命が近づいているサインかも!

何だか最近パソコンの調子が悪いなぁ…と、そんなふうに感じるようになると、パソコンを使うのもストレスになってしまいますよね。実は、調子が悪いと感じているその症状は、そのパソコンに寿命が近づいている証拠なのかもしれません。今回はパソコンの寿命と、寿命を迎えてしまったパソコンの処分方法についてご紹介しましょう。

  1. パソコンの寿命って何年くらいなの?
  2. 寿命が近づくと出てくる症状ってどんなもの?
  3. いらなくなったパソコンの処分方法は?

1.パソコンの寿命って何年くらいなの?

1-1.万能なパソコンの寿命は意外と短い

とても万能なイメージがあるパソコン。ですが、その寿命は意外にも短いと言われています。
パソコンは、電化製品の中でも極めて繊細なものです。いくつもの精密な機械が組み合わさることでできていて、その機械のどこかに不調が出ると、調子を崩して本来の力を発揮できなくなってしまいます。まるで人間のような作りをしていると思えるものです。
さて、そんなパソコンの寿命は大体5年であると言われています。5年と聞くと「何だ、結構長いじゃないか」と感じるかもしれません。ですが、ほかの白物家電(洗濯機や冷蔵庫など)は10年程度が寿命だと言われています。白物家電に比べると、パソコンの寿命は半分程度。5年と10年では大きな差がありますよね。

1-2.パソコンの寿命はハードディスクの寿命

パソコンは、先程も言ったようにいくつもの機械が連携することでその機能を発揮している機械です。
その中でも、特に重要なパーツなのが「ハードディスク」と呼ばれるパーツ。ハードディスクは、パソコンを動かすためのOSやソフトをインストールする場所でもあり、また大切なデータや個人情報を保存している場所でもあります。このハードディスクが正常に動かなくなると、OS自体が起動できなくなるほか使っている最中に何度もフリーズしてしまったり、データが書き込めなくなったりという不具合が起きやすくなるのです。
では、なぜハードディスクの寿命をパソコンの寿命とするのか。それはハードディスクが修理することのできないものだからです。
ハードディスクは、情報を記録する際、10ナノメーターという非常に小さな針で専用の円盤に刻みつけています。つまり、情報を書き込むたびにハードディスクはすり減り、これが何度も何度も繰り返されるうちに情報を書き込めないほどになって、不具合を起こし始め、最終的には壊れてしまうのです。
この不具合が現れ始めるのが5年と言われています。これ以降、ハードディスクはどんどん動作が悪くなっていって、いつデータが飛んでもおかしくない状態になっていくのです。

2.寿命が近づくと出てくる症状はどんなもの?

パソコンの寿命が近づいてくると、様々な不具合が起こるようになってきます。その不具合の中でも特に「この症状が出たら寿命が近い!」という症例をまとめておきます。
パソコンが完全に壊れてしまったあとでは大切なデータを失いかねません。この項目にあるような症状が出てきたら、寿命を警戒して新しいものに買い換えることを考えましょう。

2-1.起動時の異音

パソコンを起動した際に「カリカリ」と何かをひっかくような音や、「バチン」という音がし始めたら要注意です。これはハードディスクに何かしらの異常が出ている証拠ですから、データのバックアップなどをしておきましょう。

2-2.起動時に焦げ臭いニオイがする

起動する際に焦げ臭いニオイを感じたら、これも寿命が近い証拠です。焦げ臭いニオイがする場合は電源ユニットに異常をきたしている可能性が大。このユニットだけを交換することもできますが、どうせならすべて真新しいものに変えてしまったほうが無難です。
電源ユニットの故障は放置しておくと発火することもあります。注意しましょう。

2-3.何度もフリーズする

使用中に何度もフリーズするようになってきたら寿命を疑いましょう。
フリーズが発生する主な原因はやはりハードディスクです。これ以外に、ウィルスに感染しているという可能性もあります。フリーズが頻発する場合は、パソコンを買ってからの年数なども考慮して原因を切り分けていく必要があるでしょう。

2-4.電源が落ちる

電源ユニットに寿命がきている場合に起こる症状です。何らかの原因により電圧が下がってしまっていることが考えられます。ほかの場所に電力がとられていないか、電源が落ちるタイミングや異臭がしないか、といった部分から切り分けていくと寿命かどうかも判断しやすくなるでしょう。

3.いらなくなったパソコンの処分方法は?

寿命がきてしまったパソコンは、言い方は悪いですが使い物になりません。こうなってしまったら、処分するしか方法はないのです。
では、いらなくなったパソコンはどのように処分すればいいのでしょうか。

3-1.メーカーに引き取ってもらう

それぞれのパソコンのメーカーは、自社パソコンの無料引き取りを行っています。いらなくなったパソコンがある場合には、メーカーへ連絡すれば、自宅まで引き取りにきてくれるでしょう。
引き取りをお願いする場合、電話連絡をしたときに、パソコンの型番やシリアルナンバーなどを伝える必要もあります。そのため、型番などがどこにあるのか事前に確認しておきましょう。

3-2.中古ショップに売る

まだ、完全に壊れていないパソコンであれば二束三文かもしれませんが、中古ショップで値段がつくこともあります。また、もしも使用しているパソコンがデスクトップパソコンで、それを分解するだけの知識があるのであれば、パーツを中古ショップに売るという処分方法も選択肢となるでしょう。
パーツが古い場合は買い取ってもらえないこともありますが、無料での処分が可能なお店もあるので、ぜひ問い合わせてはいかがですか?

3-3.ゴミとして出す

上と同じく、分解できることが前提にはなりますが、それぞれのパーツを取り外し、小さな状態にできるのであれば、ほとんどのものは「燃えないゴミ」として各自治体に回収してもらうことができます。
パーツが入っていたケース(タワーと呼ぶこともあります)については粗大ゴミとして出すことが可能です。費用は数百円程度。多少、技術が必要な方法ではありますが、もしできるのであれば非常にお得です。かかるのはケースを処分するための数百円だけですから、ほとんど費用はかかりません。

3-4.不要品回収業者を利用する

不要品回収業者の中には、パソコンなどの精密機械を専門的に回収している業者もあるのをご存じでしょうか。
自分の都合のいい日時を指定することができるほか、中には無料でパソコンを引き取ってくれる業者もあります。自分で出かける必要もなく、費用もかけることなく処分することができるので、オススメです。

まとめ

パソコンを使っていて「あれ?おかしいな…」と思うことが何度も続くようであれば、それは寿命が迫っているサインなのかもしれません。
特に、動作に関して深刻な症状が出ている場合には要注意です。もしかしたら、次に電源を入れたら、もう動かなくなっている可能性も考えられます。寿命を感じるような症状を感じたら、まずは大切なデータをほかの場所に移して、バックアップをとっておきましょう。
そして、寿命を迎えたパソコンは、きちんと処分してあげてくださいね。そのパソコンは、壊れてしまうそのときまで、自分のために動いてくれたのですから。