パソコン内のデータ消去をしたい!! ソフトの種類や選び方を解説

パソコン内のデータは流出すると、大変なことになります。「データの流出を防ぐために、完全にデータを消去したい」と考えている人も多いことでしょう。データ消去にはゴミ箱に捨てたり初期化したりする方法が一般的ですが、より完璧を目指したいのなら、データ消去ソフトを使うのがおすすめです。今回は、データ消去ソフトを使うメリットや選び方を紹介します。

  1. パソコン内のデータ消去が必要な理由
  2. パソコンのデータ消去の方法
  3. パソコンのデータ消去ソフトの選び方
  4. パソコンの無料回収とデータ消去を行ってくれる業者について
  5. パソコンのデータ消去に関するよくある質問

この記事を読めば、データ消去ソフトの使用がおすすめのケースなども分かるでしょう。データ消去ソフトを使ってみたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.パソコン内のデータ消去が必要な理由

この項では、パソコン内のデータ消去の重要性や必要な理由を紹介します。

1-1.パソコン内のデータは売れる

パソコン内に保管しているデータは、重要なものがたくさんあります。法人のパソコンならば顧客データや社外秘のデータが、保管されていることでしょう。また、個人のパソコンにもクレジットカード番号や住所・金融機関の口座番号などが記録されていることもあります。これらのデータは利用価値があるため、パソコンを無防備な状態で置いておくと盗まれることもあるでしょう。

1-2.ネット上に流出した情報は回収が難しい

一度ネット上に流出した情報は、回収がほぼ不可能です。たとえば、写真・住所などがパソコンからネット上に流出してしまうと、個人を特定されるリスクが高まるうえ、何年もその情報がネットで閲覧できる状態になります。ですから、「重要な情報は何も入っていないから」と、パソコン内のデータをそのままにしておくのも非常にリスクが高くなることを覚えておきましょう。

1-3.パソコンを廃棄・譲渡する場合は、データの消去が必要

パソコンを廃棄や譲渡する際は、必ずデータを消去しましょう。譲渡先が友人など信用できる人であっても、データ消去は大切です。また、パソコンを修理に出したら、そこからデータが流出した例もあります。ですから、自分以外の第三者に一定期間パソコンを預ける場合、個人が特定されそうな写真などのデータや絶対に流出してはならない情報などは、削除しておくのがおすすめです。

2.パソコンのデータ消去の方法

この項では、パソコンのデータ消去の方法を紹介します。

2-1.ゴミ箱に入れてもデータは消去できない

データの消去というと、ゴミ箱にファイルを移動して「ゴミ箱をからにする」を選択するのが最も簡単な方法です。しかし、この方法は簡単にデータを復旧することができるので、データを完全に消去したいときはおすすめできません。

2-2.初期化

パソコンには、「パソコンを出荷時の状態に戻す」という機能があります(リカバリー)。パソコンを工場出荷時の状態に戻すと、Cドライブに保存されているデータはすべて消えたようになります。しかし、Dドライブに保管されているデータはそのままです。また、WindowsなどOSの状態も工場出荷時に戻ってしまうので、リカバリー後に何度も更新が必要になることもあります。Cドライブにだけデータが入っている場合は有効な手段です。その後、Cドライブにデータを上書きするとデータ復旧はほぼ困難となるでしょう。ただし、Cドライブをいっぱいにするのはとても大変です。

2-3.ファイル消去ソフトを使う

ファイル消去ソフトとは、データを完全に削除するソフトです。指定したデータだけを削除するソフトから、OSごとパソコン内のデータを削除するものまでいろいろな種類があります。パソコンを廃棄・売却したい場合は、このソフトを使うのがおすすめです。なお、ソフトの中にはWindowsが起動しなくてもCDから起動できるものもあります。

2-4.物理的にHDDを破壊する

パソコンが壊れて電源も入らない場合は、物理的にHDDを破壊するとデータを読み取ることができなくなります。HDDはドライバー1本あれば簡単に外せるので、説明書や説明動画を見ながら外してみましょう。カッターで傷をつけたり、ビニール袋に入れてカナヅチで何度もたたけば、破壊することができます。なお、水に浸けてもよいのですが、現在は水に浸かったHDDのデータを復旧する方法もできたので、可能ならば物理的に壊したほうが確実でしょう。

2-5.専門業者に依頼する

複数台のパソコンを一気にデータ消去したい場合や、どうしてもデータ消去ができない場合などは、プロの業者に依頼しましょう。専門の道具を使ってデータを削除してくれます。なお、業者によっては有料で「データ消去証明書」を発行してくれるところもあるので、利用してみましょう。

3.パソコンのデータ消去ソフトの選び方

この項では、パソコンのデータ消去ソフトの選び方やそれぞれの特徴を紹介します。

3-1.パソコンに付属しているデータ消去ソフト

メーカー製のパソコンの場合、廃棄用にデータ消去ソフトがついてきます。CD-ROMになっていることもあれば、コマンドを打ちこんで実行するものもあるので、詳しくは説明書などで確認してください。これを使うと、一般的医OSごと削除されます。なお、データの復旧はほぼ不可能なので、必ずバックアップを取っておきましょう。なお、外付けHDDなど、周辺機器内のデータは削除されません。一度データ消去ソフトを使うとOSから入れ直さなければならないものも多く、再度使えるようにするまでに時間がかかります。

3-2.無料公開されているソフト

データ消去ソフトの中には、無料公開されているものもあります。これらのソフトも、基本的にパソコン内すべてのデータを削除するものです。「自作パソコンが不要になったので、すべてのデータを処分したい」という場合などに使いましょう。ただし、無料の分、トラブルが起こったりうまく起動しなかったりすることもあります。

3-3.有料ソフト

データ消去用の有料ソフトには、以下のようなことができるソフトもあります。

  • 指定した時間に、指定したファイル内のデータを完全削除できる
  • 特定のファイルやドライブの中のデータを完全消去できる
  • Windowsが動かなくてもCDから起動できてデータを削除できる
  • パソコンに接続していれば、USBや外付けHDD内のデータもすべて削除できる

無料のソフトに比べると、削除できるデータの範囲が細かく指定できるのが特徴です。データ削除用のソフトは1,000円前後~3,000円程度のものがあります。用途に応じて使い分けましょう。重要なデータを数多く扱い、バックアップを取った後は定期的に削除する必要がある場合などにもおすすめです。

4.パソコンの無料回収とデータ消去を行ってくれる業者について

パソコンが不要になった場合は、基本的にメーカーが回収することになっています。しかし、メーカーはデータの消去は行ってくれません。また、データが流出した場合の責任も取ってくれないので、注意しましょう。パソコンが壊れて立ち上がらずデータが消去できない場合や、一度に大量のパソコンをデータごと処分したい場合は、パソコンダストをはじめとする、パソコンの無料回収とデータ消去を行ってくれる専門業者の利用がおすすめです。専門業者は改修したパソコンをリユース・リサイクルに回すことができます。また、専用の装置でデータ消去も可能です。ただし、パソコンのデータ消去だけ依頼することはできないので、注意しましょう。パソコンダストでは全国から送料・回収料無料でパソコンの宅配回収を行っています。

5.パソコンのデータ消去に関するよくある質問

この項では、パソコンのデータ消去に関する質問を紹介します。

Q.パソコンが壊れて立ち上がらないなら、データも取りだせないのでは?
A.いいえ。パソコンが立ち上がらなくてもHDDに問題がなければ、データは取り出せます。だからこそ、データ消去が必要です。

Q.パソコンのデータ消去ソフトは、初心者でも扱えますか?
A.はい。マニュアルがあるので問題ありません。

Q.リカバリーをしてもDドライブ内のデータは絶対に消えないのですか?
A.いいえ。容量の変更といってDドライブの容量を一部Cドライブに移している場合は、DドライブもCドライブも一緒に消えます。

Q.データを切り取って別の媒体にコピーした場合、データは削除したことになりませんか?
A.いいえ。なりません。データが上書きされていなければもう一度コピー指示すると、データが複製できます。

Q.パソコンの廃棄とデータ削除を依頼した場合、データ削除の費用は必要ですか?
A.パソコンダストでは無料となっています。

まとめ

今回は、データ消去ソフトの種類や選び方などを紹介しました。無料ソフトはパソコンを廃棄する際に使い、有料ソフトはセキュリティーを考えて、まだ使っているパソコン内のデータを完全に削除したいときに使うのがおすすめです。なお、有料ソフトを選ぶ場合は、台数制限にも注目しましょう。多くの台数のパソコンにあるデータを1本のパソコンソフトで消去したい場合は、台数無制限のソフトがおすすめです。