衣装ケースって一体何ゴミなの? 必見、衣装ケースの処分・廃棄法!

模様替えや買い換え、服の大量処分などで不要になった衣装ケース。使わないままだとスペースを無駄にするだけですから、早々に処分したいと考えている方も多いことでしょう。

しかし、衣装ケースはプラスチックということもあって、何ゴミなのか分かりづらいですよね。処分方法に困っているという方も多いことでしょう。

そこで、今回は衣装ケースの処分方法について中心にご紹介します。

  1.  衣装ケースを捨てたい、廃棄したい、処分したい方へ
  2. 自治体を利用して衣装ケースを処分しよう
  3. リサイクルショップで衣装ケースを処分しよう
  4. 不用品回収業者に依頼して衣装ケースを処分しよう
  5. 衣装ケースの処分にまつわるQ&A

これらの記事を読むことで、衣装ケースを処分する際の基礎知識を得ることができます。処分方法を間違って損しないためにも、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

1. 衣装ケースを捨てたい、廃棄したい、処分したい方へ

1-1.衣装ケースは何ゴミ?

ゴミの種類は燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、そして粗大ゴミに大別されます。これらのうち、衣装ケースは『粗大ゴミ』の扱いになるでしょう。

1-2.粗大ゴミの定義について

粗大ゴミとは、日常生活で排出された大型の耐久消費財を指します。耐久消費財とは、1年以上継続的に使うことが期待できる消費財のことです。

耐久消費財として有名な例を挙げると、以下のようなものがあります。

  • 自動車
  • 家電製品
  • パソコン
  • 携帯電話
  • 楽器
  • 家具

衣装ケースはこれらのうちの家具に含まれるため、粗大ゴミとして扱われます。

1-3.プラスチックゴミの扱いについて

プラスチック製品自体の分類は基本的に『燃えるゴミ』となっています。もともとは燃えないゴミとして埋めていましたが、埋め立て地の問題などが影響して燃やす方向に移行しつつあるのです。

ただし、自治体によっては、柔らかいプラスチック(ペットボトルなどのように曲げられるもの)は燃えるゴミ。硬いプラスチック(衣装ケースなどのように曲げると割れてしまうもの)は燃えないゴミ、として区別していることもあります。

また、自治体によっては積極的にリサイクルを行っている場合もあるでしょう。衣装ケースもリサイクルの対象になっているか確認してみてください。もっとも、対象はペットボトルなどの小さいものが中心なので、衣装ケースの場合はリサイクルの対象にならないことが多いでしょう。