不要な香水の捨て方にお困りの方!正しい&お得な処分方法教えます!

不要になった香水は「どうしたらいいんだろう」と、捨て方にお困りではないですか? 香水は、自分で購入する以外にも、海外旅行のお土産でもらったり誕生日にプレゼントされたりで「複数本持っている」という人は多いでしょう。けれども、「どの香水もまんべんなく最後まで使いきる」という人は少ないようです。香りに飽きた・好みの香りではないなどで放置している香水もありますよね。

そんな香水を処分したくても「捨て方が分からない」とお困りの人に向け、香水を捨てる前に確認したい使用期限・正しい捨て方・買取に出す方法など、お役立ち情報をご紹介しましょう。

  1. 香水を捨てる前に「使用期限」を確認しよう
  2. 知っておきたい!NGな香水の捨て方
  3. 香水を正しく捨てる方法と手順
  4. 香水を捨てずに活用する方法
  5. 香水を買取に出す方法
  6. 香水の捨て方に関するよくある質問

この記事を読んでいただければ、不要な香水をどうやって処分すればいいのか分かります。ぜひ参考にしてくださいね。

1.香水を捨てる前に「使用期限」を確認しよう

香水を処分するときの判断基準にしたいのが「使用期限」です。使用期限をチェックする方法をご紹介しましょう。

1-1.香水の使用期限は未開封・開封済みで異なる

香水は食品と同じで、未開封か開封済みかによって使用期限は異なります。

1-1-1.未開封の香水は「3年」をめどに

未開封の香水で適切な保管(※)をしていた場合の使用期限は「3年間」といわれています。香水は、薬事法に基づき、3年間は劣化しないように製造されているからです。ただし、パッケージなどに使用期限を表示していることはほとんどありません。購入もしくはもらった時期から推測して数えてください。

※適切な保管:直射日光が当たらない・温度変化が激しくない場所で保管

1-1-2.開封済みの香水は「1年」をめどに

開封後の香水は、香水に含まれているアルコール分(エタノール)の蒸発が進み、香りも変化してしまいます。そのため、1年をめどに使いきるほうがいいでしょう。

1-2.古い香水は香りや色をチェック

未使用で3年以上経過した香水・いつ買ったか分からない古い香水・開封済みで数年経過した香水などは、処分する前に色や香りをチェックしてみましょう。色が濃い・香りがホコリっぽいなどの変化がある場合は、劣化している可能性が大です。劣化した香水を肌に直接付けるとかぶれることもあるので使用しないでください。劣化は感じられないので「また使いたい」という場合でも、いきなり首筋などに付けず、腕の内側など目立たない部分に少量付けてパッチテストをしてから使用しましょう。

2.知っておきたい!NGな香水の捨て方

不要になった香水や劣化してしまった香水などは、どうやって捨てればいいのでしょうか。まずは、やってはいけない香水の捨て方をご紹介します。うっかりやってしまいがちなので気を付けてださいね。

2-1.台所のシンクやトイレに流すのはNG行為

「香水は液体だから」と、台所のシンク・洗面所・トイレなどに中身を流してしまう人もいます。けれども、香水にはアルコール分や油分が含まれているのでそのまま流すのはNGです。また、香水をそのまま流してしまうと、匂いが排水溝の中で充満し、部屋中に漂ってしまいます。1度流すとなかなか消えず気分が悪くなることもあるので絶対にやらないようにしましょう。

2-2.そのまま不燃ゴミに出すのはNG行為

香水を、そのまま自治体の不燃ゴミや資源ゴミに出すのもNG行為です。プラスチック製の容器に入っていたとしても、そのまま可燃ゴミに出してはいけません。前述したように、香水にはアルコール分や油分が含まれています。きちんと中身を出してから捨ててください。

3.香水を正しく捨てる方法と手順

不要になった香水は、どのように捨てればいいのか、正しい香水の捨て方をご紹介しましょう。

3-1.スプレー部分の金属を外す道具を用意する

香水ビンのスプレー部分は、回して外すことができるネジ式と、機械で金属を圧着したカシメ式の2種類があります。古い香水はネジ式が多いのですが、現在は液体もれや異物混入を防ぐために、ほとんどがカシメ式です。ネジ式は簡単に外すことができますが、カシメ式は手で取ることはできないため以下の道具が必要になります。

  • ラジオペンチ
  • ニッパー
  • マイナスのドライバー

これらは100円均一ショップでも購入できます。また、香水の中身(液体)を含ませるための新聞紙・ビニール袋・ジップロックなども準備してください。
香水は白い衣類に付くと黄色い油性のシミとして残り、なかなか落とせなくなります。色の濃い衣類で作業したほうがいいでしょう。

3-2.香水ビンの開け方と中身の捨て方

それでは、香水ビンを開ける方法と中身を捨てる方法をご説明しましょう。

3-2-1.最初に香水ビンの金属部分を開ける

金属部分をはがすのは、以下の手順で行ってください。

  1. 香水がもれても大丈夫なように下に新聞紙を敷く
  2. 香水ビンのフタを取り、ボトルとスプレー部分のつなぎ目に密着している金属部分をニッパーで切りながら、ひっぱりあげる
  3. ラジオペンチで、ひっぱりあげた部分を挟み引き上げるようにしてはがす
  4. メタル部分をはがすとプラスチックのノズルキャップが出てくる。その下部マイナスドライバーを差し込んでテコの原理で外す
  5. ビンやメタル部分は自治体のルールに従い「不燃ゴミ」「資源ゴミ」、プラスチックは「可燃ゴミ」に出す

3-2-2.香水ビンの中身は新聞紙に含ませて捨てる

香水ビンのメタル部分が外れたら、以下の手順で中身の液体を捨てましょう。

  1. ビニール袋に新聞紙を丸めて入れ、そこに香水を少しずつ染み込ませていく
  2. 中身を全部染み込ませたら、ビニール袋の口をしっかりと結ぶ
  3. 2をジップロックに入れ「燃えるゴミ」として捨てる

4.香水を捨てずに活用する方法

「高かった香水を捨ててしまうのはもったいないなあ」と思う人は、アレンジして再利用してはいかがでしょうか。いろいろな方法をご紹介します。

4-1.リードディフューザーとして利用する

おしゃれな香水ビンを利用して、リードディフューザー(※1)を作りましょう。材料は、不要になった香水ビンとリードスティック(※2)だけです。

4-1-1.リードディフューザーの作り方

  1. 前項でご紹介した手順で、香水ビンの金属部分とプラスチックのスプレー部分を外す

  2. 香水ビンに残っている液体は捨てないでそのまま残す
  3. リードスティックを複数本ビンに差す。本数が多いほど香りが強くなるため好みで調整する

リードスティックは竹串でも代用できます。けれども、ルームフレグランス専用のスティックを使ったほうが見た目もおしゃれです。

※1 リードディフューザー:エッセンシャルオイルなどの液体をビンに入れラタンスティックなどを差し、香りを拡散するルームフレグランスの1種

※2 リードスティック:リードディフューザーのビンに差す木の棒。液体を吸収しやすい多孔質のラタンが多い

4-2.芳香剤として利用する

香水を使って、トイレや玄関などに置く芳香剤を作ることもできます。食品に付いてくる保冷剤がたくさん冷凍庫にたまっている人におすすめです。材料は以下のものを用意しましょう。

  • 不要になった香水
  • 保冷剤(複数)
  • 口が広めのガラスの器

保冷パックの中身をガラスの器に出し、香水をたらして混ぜるだけです。ビー玉やビーズなどの飾りを混ぜるとかわいい雰囲気になるでしょう。ビンの口に布切れをかぶせ細いリボンで結ぶと、ホコリよけになるのでおすすめです。

4-3.生地や小さい紙のポチ袋でサシェを作る

紙のポチ袋を利用してサシェを作ってみましょう。化粧用のコットンに香水を含ませ、ポチ袋に入れるだけで簡単サシェのできあがりです。また、好みの生地を使ってもサシェができます。

  • 好みの生地を袋状に縫い、香水を含ませたコットンを入れる。袋の口はリボンなどで結ぶ
  • 香水を含ませたコットンをハンカチで包みリボンで結ぶ

部屋や洗面所・トイレなどにそのまま置くといい香りが漂います。香りは上から下に流れるので、フックを付けてカーテンレールなどにぶら下げるのもおすすめです。

5.不要になった香水を買取に出す方法

未使用の香水は買取に出す方法もあります。買取先はいくつか種類があるのでそれぞれの特徴・方法・注意点をご紹介しましょう。

5-1.総合リサイクルショップに売る

家電・家具・スポーツ用品・ブランド物など総合的に買取を行っているリサイクルショップでは、香水の買取を行っているところもあります。未開封のブランドものは高値で買取してもらえるでしょう。また、開封済みのものでも買取対象にしているお店もあります。

5-1-1.総合リサイクルショップの利用方法と注意点

総合リサイクルショップも、店頭買取のほか宅配買取や出張買取にも対応しているところが増えてきました。ほとんどのお店で、無料見積もりサービスを行っているので事前におよその買取価格を調べることも可能です。ただし、お店によって買取方法・条件・金額などの詳細は異なるため、事前にホームページで十分に確認してください。総合リサイクルショップの場合は、香水だけではなくほかの不用品も一緒にまとめて査定に出すほうが査定金額も上がる可能性が大です。

5-2.香水・コスメ専門の買取店に売る

香水やコスメを専門に買取を行っているお店に売る方法もあります。お店によって未使用のブランド品に限るところ、中古・ミニ香水・サンプルなどでもOKなところなど、買取条件はさまざまです。

5-2-1.香水・コスメ専門買取店の利用方法と注意点

総合リサイクルショップと同様に、店頭買取・宅配買取・出張買取などに対応しています。お店によっては、「ブランドものの未開封の香水買取強化中」など、お得なキャンペーンを行っていることもあるのでチェックしてみましょう。詳細はお店によって異なるので事前にホームページをよく確認し、比較検討してください。

5-3.インターネットオークションやフリマアプリで売る

パソコンやスマートフォンがあれば、インターネットオークションやフリマアプリで売ることができます。売りたい香水の写真を撮り、説明文を添えて出品するだけなので気軽に参加できるのが魅力です。

5-3-1.インターネットオークションやフリマアプリの利用方法と注意点

運営会社によって利用方法・規約やルール・利用料などが異なります。事前にしっかり確認してから利用しましょう。また、インターネットオークションやフリマアプリは基本的には赤の他人との売り買いになります。そのため、支払いや商品の発送などに関するトラブルも少なくないので注意してください。

6.香水の捨て方に関するよくある質問

不要になった香水の、捨て方に関する、よくある質問を集めてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Q.海外のお土産で頂いた、未使用のブランドものの化粧品や香水がたまっています。どこに買取に出せばいいでしょうか。
A.未使用の海外ブランドの化粧品や香水なら、化粧品や香水専門の買取店に出すのがおすすめです。まとめて出すと査定金額がアップする可能性が大でしょう。宅配査定の送料を無料にしている店もあります。まずは査定サービスを利用してみてはいかがでしょう。

Q.引っ越しの荷物整理で不用品がたくさん出ました。香水も複数あるのですが中身を捨てる時間がありません。どうしたらいいでしょうか。
A.不用品回収業者なら、すべての不用品をまとめて回収してもらえます。引っ越しでいろいろな不用品があり自分で処分する時間がないときは便利でしょう。パソコンダストの宅配回収は、パソコンや液晶テレビなど「送料無料対象商品」が1点でもあれば、ほかの商品も一緒にダンボールに詰めて送っても送料が無料になります。詳しくはこちらをご覧ください。

Q.使用済みの香水でも買い取ってくれる店があると聞きました。どれくらい残っていれば買取可能でしょうか。
A.一般的には、50%以上残っていれば買取可能とされています。けれども、中には3分の1以上残っていれば、安値にはなるものの買取可能な店もあるのです。店によって条件は異なるため複数の店の買取条件を調べてみましょう。

Q.未使用の香水で高く売れるのはどのようなブランドですか。
A.シャネル・クロエ・ゲラン・ジャンパトゥなど、高級ブランドの製品は高値買取の対象になります。また、新作であればあるほど買取価格はアップするでしょう。

Q.匂いが気に入らず香水の中身を捨てました。ビンのデザインはかわいいので捨てるのがもったいないです。利用方法を教えてください。
A.簡単なのは、そのまま一輪挿しとして利用する方法です。また、香水ビンの中にパールやビーズなどを入れ置物として飾る方法もあります。好みの香りの「リードディフューザー用フレグランスオイル」をそそぎスティックを差せば、おしゃれなリードディフューザー兼インテリア小物として使えるでしょう。

まとめ

香水は、中身は液体で容器はガラスなので「どうやって捨てたらいいんだろう」と悩んでしまいますよね。香水は、そのまま燃えないゴミに出すことはできません。もしプラスチックの容器でも燃えるゴミに出すこともできないのです。中身とビンを別々に処分しなければなりません。もし不要な香水が複数あって処分するのが面倒なら、使い方をアレンジしたり買取に出したりする方法もあります。自分に合った処分方法を選んでくださいね。