キッチンの片付けでお悩みの人!片付けのコツや便利アイテム教えます!

キッチンは、ものが多いので片付けてもすぐに散らかってしまいますよね。1日何回も使う場所なので「散らかるのも仕方がない!」と、きれいにするのを諦めてしまっている人もいるようです。けれども、キッチンはちょっとしたコツさえつかめば、使いやすく・片付けやすくすることができます。そこで、キッチンの収納場所別片付け&収納方法や、片付けに便利なグッズなどをご紹介しましょう。

  1. キッチンの片付けについて
  2. 【キッチンの片付け-1】ワークトップ
  3. 【キッチンの片付け-2】収納
  4. キッチンをきれいに保つ方法
  5. キッチンの片付けについてよくある質問

この記事を読んでいただければ、キッチンの片付けに関するお悩みを解決できるでしょうぜひお役立てください。

1.キッチンの片付けについて

キッチンの片付けを始める前に、まずはキッチンの片付けに関する基本的なことを知っておきましょう。

1-1.キッチンの片付けの悩み

家の中でも、片付けが難しいことでトップに挙げられるのが「キッチン」です。キッチンの片付けでよくあるお悩みには、どのようなことがあるのでしょうか?

1-1-1.ものがたくさんある

キッチンは家の中でも「1番ものがたくさんある場所」です。キッチンには以下のようなものが集まっています。

  • 冷蔵庫などの大型家電からコーヒーメーカーなどの小さな家電
  • 家族全員の普段使いの食器からたまにしか使わない来客用の食器
  • カトラリー類
  • 食品・保存食・飲料類
  • テーブルクロス・コースター・ランチョンマットなどの布製品
  • キッチンで使用する洗剤類・掃除道具・ゴミ袋類
  • キッチンペーパー・ラップ・保存袋など
  • 調理器具類

1-1-2.汚れやすい場所

キッチンは家の中でも「すぐに汚れる場所」です。煮物・揚げ物・いため物など、1日に何度も作るのでガス台周辺はすぐ散らかったり汚くなったりします。また、こまめに洗わないと、洗い物もあっという間にたまってしまうでしょう。さらに、生ゴミもすぐにたまってしまいますよね。また、いつも水を使う場所なので、清潔に努めないとすぐにカビが生え匂いも発生してしまうでしょう。

1-1-3.すぐにごちゃごちゃになる

前項で触れたように、キッチンにはたくさんものがあり始終使っているため、すぐにごちゃごちゃになってしまいます。全く料理をしない1人暮らしのキッチンは汚れませんが、家族がいて、朝・昼・晩の3食、食事を作る家庭では、すぐに散らかるでしょう。

1-2.キッチンの片付けの基本

キッチンの片付けには基本があります。以下のポイントを押さえてください。

1-2-1.使い勝手を考えて収納位置を決める

使い勝手を考えて、ものの収納位置を決めましょう。よく使う調理器具はガス台の下、よく使うグラスやカップ類は食器棚に片付けずトレーに並べてカウンターの上に置くなど、工夫してください。

1-2-2.掃除のしやすさを優先する

調理台など汚れやすい場所は、掃除のしやすさを優先し「ものを置かない」ようにしましょう。ものがなければ拭き掃除も楽なのでこまめにきれいにできます。また、見た目もスッキリと片付いて見えるでしょう。

1-2-3.無駄なものを思いきって減らす

片付ける前に、キッチンの断捨離をしましょう。戸棚やシンク下など、収納場所に入っているものをすべて取り出し使っていないものは思いきって処分してください。キッチンにあふれているものの量を減らすことも大切です。

2.【キッチンの片付け-1】ワークトップ

ワークトップは、調理の下ごしらえなどの作業を行います。スッキリと片付ける方法をご説明しましょう。

2-1.ワークトップの整理のポイント

キッチントップをスッキリと片付けるためには、以下のポイントを実行してください。

2-1-1.調理器具を置かない

キッチントップに調理器具を置くのをやめましょう。おたまやフライ返しなどの調理器具を、ケースに立てて置いている人も多いと思いますが、それらの器具は「つり下げ収納」にしてください。

2-1-2.調味料を置かない

よく使用する油・醤油・料理酒・塩・こしょうなどはそのままキッチントップに置くとごちゃごちゃして見えるだけではなく、掃除もしにくくなります。ガス台横収納がない場合は、壁掛け収納アイテムと取り付けたり、ワゴンにまとめて入れたりなどの工夫をしてください。

2-1-3.フライパンなどの調理器具は置きっぱなしにしない

フライパンやミルクパンなど、始終使用する調理器具はそのままガス台の上に重ねて置きっぱなしという人も少なくありません。見た目もがよくないだけではなく、使用するときはいちいちどかさなければならないので面倒です。シンク下などに収納しましょう。

2-2.キッチントップの整理で使える収納グッズ

市販の収納グッズなどを上手に利用して、キッチントップに置いてあるものを片付けましょう。

2-2-1.壁面に付けるキッチンハンガー

壁面などを利用して、始終使う調理器具などはつり下げるようにしましょう。キッチントップのスペースがあくだけでなく、料理中にすぐに取り出せて便利です。
吸盤やマグネットなどで「壁面に取り付けるキッチンハンガー」を使えば、おたまやフライ返しなどをひっかけて収納できます。

2-2-2.レンジフードに直接引っかけるツール

レンジフードの縁にS字フックをひっかければ、調理器具やザル、ミルクパンなどいろいろな道具をつり下げることができます。両端が引っかけられるようになっている「バータイプのレンジフードハンガー」も便利です。

2-2-3.調味料シェルフ

ガスコンロ奥の狭いスペースに置ける「調味料シェルフ」を利用しましょう。塩・こしょう・オイルなど、よく使う調味料をまとめて置いたり使用中の器を一時的に乗せたりできます。ガス台周りもスッキリし、掃除もしやすくなるでしょう。

2-3.キッチントップの片付けの注意点

壁面の収納グッズや、ガスコンロ奥のスペースに置く調味料シェルフを購入するときには、設置可能なサイズを測ってからにしましょう。
また、調味料シェルフを利用するときは、塩・こしょう・スパイスなど、異なるメーカーの製品を置くとごちゃごちゃして見えます。詰め替え用の調味料ビンに中身を移し、おそろいにしたほうが見た目もスッキリしてオシャレです。

3.【キッチンの片付け-2】収納

キッチンにはいくつか収納場所があります。それらを、上手に活用する方法をご紹介しましょう。

3-1.キッチンの収納場所にはどのようなものがあるか?

家庭によっても異なりますがキッチンには以下のような種類があります。

  • つり戸棚収納:シンクやガスコンロの上部にある戸棚
  • シンク下収納・シンクの下にある収納で引き出しタイプと戸棚タイプがある
  • 調理スペース下収納:上部はカトラリーなどを入れる「仕切り付きの浅い引き出し」、下部はどんぶりや重いお皿などが収納できる「深めの引き出し」になっている
  • コンロ横収納:細長い小さめの引き出しで調味料などを収納できるようになっている
  • コンロ下収納:鍋やフライパンなどを収納する
  • 家電収納・引き出し収納:電子レンジや炊飯器などを収納する場所と、その下にあるストック食材やタオルなどを入れる引き出しタイプの収納

3-2.キッチンの収納場所活用法

それぞれの収納場所を活用する方法や、上手に収納するポイント、注意点などをご紹介しましょう。

3-2-1.つり戸棚収納の活用法

つり戸棚は高い位置に設置してあるため、手が届かず踏み台が必要なことも多いでしょう。そのため毎日使うものを収納すると不便です。つり戸棚には、以下のものを収納するのが向いています。

  • たまにしか使わない客用の食器
  • イベント用の食器や道具(クリスマスやひな祭りなど)
  • お歳暮などでもらった缶詰や海苔など、賞味期限の長い食品

3-2-2.シンク下収納

取り出しやすいので、調理やシンクの掃除で使用するものをしまうと便利です。

  • ボウルやザル
  • 食器や台所用洗剤のストック
  • キッチン手袋やシンク用ゴミ袋のストック
  • スポンジやたわしなどのストック

3-2-3.調理スペース下収納

上部の浅い引き出しには、カトラリー・菜ばし・スライサー・栓抜き・カン切りなどを収納すると取り出しやすいでしょう。下部には、大きめの食器や、保存容器(※)などの収納場所にしてください。

※保存容器:出しに使う乾物や乾麺、鰹節(かつおぶし)など毎日のように料理で使うものを入れると便利

3-2-4.コンロ横収納

コンロ横収納には、塩・こしょう・七味・ハーブ類など、料理でよく使用する調味料を収納しておくと、すぐに取り出せて便利です。調味料のビンは、コンロ横に並べておくと油で汚れるため、コンロ横収納に入れれば汚れを防げます。

3-2-5.コンロ下収納

コンロ下収納には、大きな鍋やフライパン、土鍋などを収納しましょう。毎日使う小さめのフライパンやミルクパンなどは、 「2-2-2.レンジフードに直接引っかけるツール」で紹介したように引っかけ収納にすると、いちいちコンロ下収納から取り出さなくても済みます。

3-3.キッチンの収納場所で使えるグッズ

戸棚や引き出し収納などは、ものをそのまま置かないで「仕切りグッズ」を利用したほうが、取り出しやすく片付けやすいものです。

3-3-1.A4サイズのファイルボックス

100円均一ショップなどでも売っている、A4サイズのファイルボックスはキッチンの片付けに最適です。

  • ラップ・アルミホイル・クッキングシートなどをまとめて立てて収納
  • ファイルボックスを並べて、片手鍋やフライパンなどを1つずつ収納
  • ファイルボックスを並べて、大きさ別にお皿を立てて収納

3-3-2.プラスチックの深めの長方形ボックスケース

こちらも、100円均一ショップで入手できます。醤油や調理用油など横にできないものを、まとめて立てて収納するのに便利です。また、横にして収納できない、使いかけの小麦粉や砂糖、コーヒーなど袋に入ったものも立てて収納できます。

3-3-3.蓋付きの透明なプラスチック保存ビン

同じ大きさの「蓋付きの透明なプラスチック保存ビン」は、ショートパスタ・シリアル・ナッツ・ドライフルーツなど、湿気を嫌う食品の保存に便利です。袋のまま輪ゴムで止めて収納するとゴチャゴチャになってしまいます。同じサイズの保存ビンなら、並べて収納できるので見た目もきれいでしょう。ラベルを貼ると中身が分かりやすくなります。

3-4.キッチンの収納場所にものを片付けるときの注意点

最初に「どこに何を収納するのか」を決めましょう。それから、収納グッズを購入してください。購入前には、必ず収納場所のスペースを測り、「どんなグッズをどれくらい」収納できるか計算しましょう。
また、グッズを購入するときは、色や素材を統一してください。清潔感がある「白」がおすすめです。

4.キッチンをきれいに保つ方法とは

せっかく、キッチンをきれいに片付けたらその状態をできるだけ保ちたいですよね。そのコツをご紹介しましょう。

4-1.今ある収納に収まる分しかものを購入しない

キッチンの片付けに限りませんが、きれいにした状態を保つコツは「今ある収納に収まる分しかものを購入しない」ことです。食器・調理器具・調味料などを収納している場所に余裕がない場合は、ものを買って増やすのはやめましょう。

4-2.収納家具は増やさない

棚や収納ワゴンなど、キッチンで使う収納家具を増やさないようにしましょう。つい衝動買いで「便利だから!」と収納家具を増やしてしまうと、その分ものを収納したくなり、さらにものが増えてしまいます。

4-3.定期的に断捨離をする

1か月に1度は、キッチンの断捨離をしましょう。いつの間にか無駄なものや使っていないものが増えてしまうと、せっかく片付けてもすぐに元に戻ってしまいます。定期的に断捨離をすることでものが増えることを防ぎましょう。
ほとんど使用していないキッチン家電・調理器具・食器などは思いきって処分するのもおすすめです。ものがないほうが掃除も楽なので、きれいで清潔感のあるキッチンを保てます。

5.キッチンの片付けについてよくある質問

キッチンの片付けに関する、皆さんからのよくある質問をご紹介しましょう。

Q.出前のときにもらうプラスチックのカトラリーや割りばし、メニューなどを上手に片付ける方法を教えてください。A.100円均一ショップで売っている「ファスナー付き半透明ビニールケース」がおすすめです。サイズもいろいろあるので、大きいサイズにはメニュー、中位のサイズには紙皿、小さいサイズにはカトラリーやストローなどを収納できます。ビニールケースに入れると、ファイルケースに立てて収納できるのでスッキリと片付くでしょう。

Q.毎回の食事で使用するご飯茶わんやみそ汁わん、おはしなどをスムーズに出し入れできる片付け方のコツはありますか?A.毎食使う食器は、いちいち食器棚に収納すると片付けたり出したりが面倒ですよね。そこで、カゴにまとめて入れるようにしましょう。藤製のカゴなどに入れてオシャレな布をかけてカウンターの上などに置くと見た目もよく便利です。

Q.キッチンに、作り付けの「扉なしの棚」があります。保存食や調味料などを収納していますが見た目がゴチャゴチャです。オシャレな収納方法を教えてください。
A.同じ素材・同じ色の収納ボックスを並べてみてはいかがでしょう。その中にものを入れれば、中身も見えないので見た目がスッキリします。木製・藤製・プラスチックなど、キッチンの雰囲気にあったものを選びましょう。

Q.使っていないキッチン家電を捨てたいのですが、粗大ゴミに出すしか方法はないですか?
A.パソコンダストでは、パソコン・スマートフォン・タブレットなどと一緒に送れば、不要なキッチン家電を無料で処分できるサービスを行っています。不用品を無料で処分するチャンスです。詳しくはこちらをごらんください。

Q.泥付きのじゃがいもやたまねぎ、ごぼうなど、冷蔵庫に入れる必要のない野菜類を上手に収納する方法はありますか?
A.鉄・ワイヤー・藤・ウッドなど、キッチンの雰囲気にあった「通気性のいいカゴ」に入れれば、そのままキッチンに置いてもオシャレです。カゴの中に湿気取りと泥落ち防止用を兼ねて新聞を敷いてください。英語やフランス語などの新聞を使うと、カフェ風のオシャレな雰囲気を出せます。

まとめ

キッチンは、置くものが多いので収納に苦労しますよね。毎日使用する場所なので、片付けても片付けてもすぐに散らかってしまうでしょう。そこで、効率よく収納する方法や便利なグッズなどをご紹介しました。
また、キッチンをきれいな状態で保つためには「無駄なものは捨てる」「ものを増やさない」ことも大切です。保存食や調味料、食器などをついつい買ってしまうという人は、「今収納できる以上にものを増やさない」ように気を付けてください。時々、断捨離をして「本当に必要なもの」だけに絞りましょう。ものが減ると掃除や片付けもやりやすくなり、きれいな状態をずっと保つことができます。