初期化してもデータ消去はできてない? パソコンの処分を安全に行う方法。

あなたはパソコンを買い替える時、古いパソコンをどうやって処分していますか?
パソコンの中には、クレジットカード情報やアドレス帳のデータなど、膨大な個人情報が記録されています。
「捨てる時にはちゃんと初期化してるから大丈夫」と安心している方もいるかも知れませんね。
しかし、これらのデータは初期化しただけでは完全に削除することはできないのです。
もし、あなたが使っていたパソコンが悪意のある第三者に渡ってしまった場合、個人情報が流出してしまう恐れがあります。

なぜ初期化してもデータが消えないのか?

基本的に、パソコンの初期化によって消去されるのは管理情報のみです。
これは本に例えると説明がわかりやすいのですが、管理情報とは本でいうと目次にあたる部分。
本から目次を消去してしまっても、何ページに何があるかわからなくなるだけで、そのページ自体は残っていますよね。
これと同じように、データを消去したつもりでも、データにアクセスができなくなるだけで、実際にはしっかりと情報がハードディスクに残っているのです。
そのため、データ復元ソフトなどを使用すれば、再びデータにアクセスできるようになってしまいます。

安全にパソコンを処分するには?

それでは、安全にパソコンを処分するにはどうすればよいのでしょうか?

1.ハードディスクを取り出す

自分でパソコンからハードディスクを取り出して、それ以外を廃棄処分します。
取り外したハードディスクは自宅に保管しておけば情報が流出してしまう心配はありません。

2.専用のソフトを使って消去

市販の専用ソフトを使用してデータを消去します。
ソフトによって消去方式は様々ですが、消去方式によっては、残留磁気からデータを読み取ることができてしまうこともありますので注意が必要です。

3. 専門の業者に処分を依頼

パソコン回収の専門業者に処分を依頼する方法です。
多くの場合、データ消去も請け負ってもらうことができます。
ただし、業者によっては管理意識が低いところもありますので、依頼する際は以下の点をしっかりと確認してください。

  • プロ専用のデータ消去機器を使用しているか?
  • ハードディスクの物理的破壊も行っているか?
  • データ消去証明書を発行しているか?

これらの条件をクリアしている業者であれば、安全にパソコンを処分してもらうことができるでしょう。

いかがでしたか?
特に仕事で使っていたパソコンを処分する場合は、顧客情報や取引先の情報など、膨大な個人情報が書き込まれていることもあり、情報が流出してしまった場合、取り返しのつかないことになってしまいます。
パソコンを処分する時は、ハードディスクにはまだデータが残っているということをしっかりと意識し、安全な方法で処分しましょう。

『パソコンダスト』なら、不要になったパソコンを宅配便で送るだけで梱包費以外一切無料で処分することができます。
もちろん、ハードディスク内のデータは専用機器で完全に消去し、データ消去証明書(有料)を発行することも可能です。
詳しくは以下のホームページをご覧ください。
パソコン無料回収のパソコンダスト

もし、この記事が役に立ったと思ったらシェアしてくださいね☆