掃除機の寿命はどのくらい? 寿命を延ばすポイントも併せて紹介!

掃除機の吸引力が弱くなったり、本体が異常に熱くなったりする場合、寿命が近づいているサインといえます。掃除機が急に壊れてしまうと必要なときに使えなくなってしまうので、できれば寿命を迎える前に買い換えておきたいものです。しかし、どのようなタイミングで買い換えればいいのか、悩んでいる方は多いでしょう。

本記事では、掃除機の寿命が近づいているサインや寿命を延ばす方法などについて解説します。

  1. 掃除機の寿命はどのくらいか?
  2. 掃除機の寿命が近づいているサイン
  3. 掃除機の寿命を延ばす方法
  4. 寿命がきた掃除機の処分方法
  5. 掃除機の寿命に関してよくある質問

この記事を読むことで、寿命がきた掃除機の処分方法も分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.掃除機の寿命はどのくらいか?

最初に、掃除機の寿命はどのくらいかチェックしておきましょう。

1-1.平均寿命は約6~8年

一般的に、掃除機の平均寿命は約6~8年といわれています。具体的な寿命は掃除機の種類やメーカー・使用頻度などによって異なりますが、メーカーの部品保有期間が6年となっているからです。つまり、掃除機が壊れて修理を依頼しても、発売から6年以上経過した掃除機では必要な部品がそろわず修理が難しくなります。買い換えか修理かで悩んでいる方は、発売から6年以上経過しているかを基準に判断するといいでしょう。6年以上経過している掃除機は買い換えを検討したほうが懸命です。

1-2.種類ごとの寿命をチェック!

掃除機の主な種類は、紙パック式・サイクロン式・カプセル式・コードレス・ロボットタイプの5種類です。それぞれによって構造が異なるため、寿命にも異なります。

  • 紙パック式:紙パックにゴミをためて交換するタイプ。平均寿命は約15年
  • サイクロン式:ダストカップに直接ゴミをためることができる。平均寿命は約6~8年
  • カプセル式:本体カプセルにゴミをためるタイプ。平均寿命は約10年
  • コードレスタイプ:バッテリーが内蔵されており、バッテリーに寿命が左右される。平均寿命は約5年
  • ロボットタイプ:バッテリーが内蔵されており、平均寿命は2年前後と短め

2.掃除機の寿命が近づいているサイン

ここでは、掃除機の寿命が近づいているサインをいくつか紹介します。

2-1.吸引力が弱くなる

掃除機の寿命が近づいてくると吸引力が弱くなりがちです。正しい使い方やメンテナンスをしていても掃除機の吸引力が下がったと感じるのであれば、寿命の可能性が高いでしょう。吸引力が弱いままでは室内のホコリを十分に吸い取ることができないので、買い換えをおすすめします。ただし、掃除機の吸引力はダストボックスにゴミがたまるほど弱くなるものです。そのため、まずはダストボックスのゴミを捨てたり、取扱説明書に記載されているお手入れをしたりしてみてください。寿命かそうでないか、最初に確かめることが大切です。

2-2.動かなくなる・途中で止まる

掃除機が動かなくなったり、途中で止まったりしてしまうのも寿命のサインです。掃除機のモーターが不具合を起こしている可能性があります。購入したばかりの掃除機であれば修理を依頼できますが、発売から6年以上経過しているものは買い換えたほうがいいでしょう。モーターの故障によっては、修理費用が割高になるケースもあります。また、コードレスやロボットタイプの掃除機は、バッテリーの問題もあるのでバッテリーを交換すれば元どおりになる可能性もあるでしょう。

2-3.焦げ臭いにおいがする・本体が熱くなる

掃除機の本体が熱くなるのも、寿命を迎えてるサインといえます。本体が熱くなるのはモーターが過熱して内部に熱がこもりやすくなっているからです。そのまま放置すると発火の恐れもあるので十分に注意しておかなければなりません。フィルターが目詰まりを起こして加熱するケースもあるため、まずはフィルターを掃除してみるといいでしょう。ただし、掃除機から焦げ臭いにおいがする場合は発火の危険性が高まっているので早めに買い換えることをおすすめします。

2-4.コードの巻き取りが弱くなる

掃除機の寿命サインとして、コードの巻き取りが悪くなります。掃除機のコードがスムーズに巻き取れなくなったり、途中で止まったりする場合は買い換えを検討したほうがいいでしょう。一度でコードをしまうことができなくなってしまうと、何度も少し伸ばしてボタンを押すなど手間がかかってしまいます。掃除機を使うたびにストレスがたまってしまうことになるでしょう。また、コードを動かすと掃除機が止まる場合は、コードが断線している可能性があります。

3.掃除機の寿命を延ばす方法

ここでは、掃除機の寿命を延ばす方法を解説します。

3-1.こまめにゴミを捨てる

掃除機を長く使い続けるために、本体のダストボックスをこまめに掃除してください。ゴミをためすぎてしまうと吸引力が弱くなったり、フィルターが目詰まりしたりしてしまいます。余計にモーターヘ負担がかかってしまうため、ゴミがたまらないように気をつけることが大切です。紙パックしきは取り換えサインのランプがつかなくても吸引力が弱くなったと感じるのであれば、紙パックを新しいものに交換すべきでしょう。サイクロン式はダストカップがクリアになっていることが多いため、ゴミのたまり具合が分かりやすいです。

3-2.コードは黄色いテープまで引き出す

掃除機のコードを引き出す際、ギリギリまで引き出していないでしょうか? コードには黄色いマークがついていますが、その部分まで引き出して使うのが理想です。掃除機のコードを長く引き出してしまうと断線する可能性があります。また、狭い範囲だけ掃除するからと少ししか引っ張り出さないのもNGです。コードの巻きが大きいままになってしまうのでモーターの熱がコードに伝わりやすく、劣化を早めてしまう恐れがあります。広い範囲であっても狭い範囲であっても、掃除をするときはコードの黄色いテープ部分が見えるまで引き出してください。

3-3.コードレス&ロボットタイプの掃除機は充電のタイミングに要注意!

コードレスタイプやロボットタイプの掃除機は充電しながら使うことになります。実は、充電のタイミングによって内蔵バッテリーの寿命が大きく左右されるのです。バッテリーを長く使うためには、掃除機を使用した後に必ず充電してください。使用後に充電をしっかりしておかないとバッテリーが放電してしまい、寿命が短くなってしまいます。また、本体が十分に冷めてから充電するのも大切なポイントです。使用時間にかかわらず、本体が冷えてから充電してください。

4.寿命がきた掃除機の処分方法

ここでは、寿命がきた掃除機の処分方法を解説します。

4-1.自治体回収のゴミとして処分する

一般的な方法としては、自治体回収のゴミとして処分する方法です。掃除機は多くの自治体で不燃ゴミまたは粗大ゴミとして処分できます。一辺が30cm以上のサイズとなる掃除機はほとんどの自治体で粗大ゴミに分類されるでしょう。粗大ゴミの場合、事前申し込みが必要だったり、粗大ゴミ処理券を購入したりする必要があるため、自治体のホームページなどでチェックしてください。不燃ゴミの場合は、指定袋に入れて収集日までにゴミ捨て場へ出しておけばOKです。自治体によって処分方法やゴミの分類が異なるため、必ず事前に確認しておきましょう。

4-2.販売店に回収を依頼する

新しい掃除機の購入を検討している方は、家電量販店といった販売店に古い掃除機の回収を依頼する方法があります。販売店によって異なりますが、新規購入者限定で古い家電の回収を行っているところがあるでしょう。購入者なら処分費用がかからなかったり、処分費用がいくらか必要になったりするなど、回収の条件も販売店によって異なります。事前に、古い家電の回収を行っているか・回収費用はいくらかかるのかを確認しておかなければなりません。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼する方法も、不要になった掃除機を処分する方法の1つです。不用品回収業者では、ほとんどの不用品を回収しています。掃除機以外にも処分したいものがあればまとめて依頼できるのはもちろん、出張回収を依頼すれば自分で運ぶ必要もありません。大量の不用品を処分したい方や手間と時間をかけることなくすぐに捨てたい方にはおすすめです。ただし、不用品の量が増えるほど処分費用も割高になってしまいます。依頼する前に見積書の内容をしっかりと確認することが大切です。

4-4.無料回収業者に依頼する

不用品の回収を行っている業者の中には、無料で回収をしている業者があります。「無料回収業者に依頼するとトラブルになるのでは……?」と不安な気持ちの方もいると思いますが、きちんと無料回収の理由が記載されている業者なら安心です。たとえば、パソコン・不用品を無料回収しているパソコンダストでは、回収したものを自社でメンテナンスして再販したり、再販できないものは部品に分解して販売したりしています。そのため、回収に無駄な費用をかけることがなく、無料回収が可能というわけです。このように、無料回収ができる理由がきちんと明確になっている業者なら安心して依頼できます。

5.掃除機の寿命に関してよくある質問

掃除機の寿命に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.修理費用はいくらぐらいかかるのか?
A.不具合の内容や故障箇所によって異なりますが、約4,000~15,000円が修理費用の目安となります。部品の交換など簡単な作業で済めば修理費用も数千円で抑えられるでしょう。けれども、基盤部分の故障や激しい損傷の場合は数万円になる可能性もあります。修理費用によっては新しく購入したほうが安く済むケースもあるでしょう。

Q.掃除機のお手入れ方法は?
A.定期的に行うお手入れとしては、ダストカップ周りの掃除があります。ダストカップ周りの掃除方法は以下の手順を参考にしてください。

  1. ダストカップを取り外してゴミを捨てる
  2. 水洗いをしてきれいにする
  3. プリーツフィルターを乾いたままの状態でブラシを使ってホコリを取り払う
  4. 流水で水洗いをした後、しっかりと乾燥させる

また、ダストカップと本体の間にもフィルターがある場合は、そのフィルターも水洗いをしてきれいにしてください。そして、床ブラシヘッドにもたくさんのホコリやゴミがついているので、定期的に掃除することをおすすめします。

Q.買い換えにおすすめの時期は?
A.寿命のサインが現れたときや使いづらさを感じたときが買い換えのタイミングといえるでしょう。扱い方によっては10年以上使い続けることもできますが、発売から6年を目安に買い換えを検討する方が多いようです。また、買い換えをするのなら家電量販店の決算期・年末年始・夏と冬のボーナス時期をおすすめします。掃除機が安く購入できる時期ですので、ぜひチェックしてみてください。

Q.掃除機の扱い方で気をつけておきたいことは?
A.掃除機本体を雑に暑かったり、衝撃を与えないようにしたりすることです。掃除機本体を床に置いてホースを伸ばして使うキャニスタータイプは、どうしても本体が家具にぶつかってしまうことがあるでしょう。掃除機は家電製品ですので衝撃に弱い傾向があります。長く使い続けるためにも、強い衝撃はなるべく避けるように気をつけてください。

Q.悪徳業者の特徴は?
A.不正を働く悪徳業者は、無料といっていたのに高額な費用を請求したり、謳(うた)い文句ばかりいったりする傾向があります。スタッフの対応が悪いのも悪徳業者の特徴ですので、丁寧で分かりやすい説明をしてくれるか対応に注目するといいでしょう。掃除機を処分する際、不用品回収業者や無料回収業者を利用する際は、なるべく複数の業者を比較してください。比較することで、悪徳業者が見極めやすくなります。

まとめ

掃除機の寿命が近づいてくると、吸引力が弱くなったり、本体が異常に熱くなったり、コードの巻き込みが弱くなったりする傾向があります。だいたいの掃除機は約6〜8年で寿命を迎えるため、扱いづらくなっていないか・不具合が起きていないかチェックするといいでしょう。また、できるだけ長く使い続けるためにも、ゴミをためすぎないようにしたり、お手入れをしたりするなどの工夫も大切です。正しく使って長く使えるようにしましょう。