スマホバッテリーの寿命はどのくらい!? スマホを効率よく使うための豆知識

ほとんどの人が「スマートフォン」を利用する時代になりました。
続々と新しいスマートフォン、略して「スマホ」が登場しています。
スマホはバッテリーがなくなると電源が切れて使えなくなってしまうものです。
そのため、使い続ければ続けるほどバッテリーの減りが早くなってしまいます。
そこで、スマホバッテリーの寿命や買い替え時期、古いスマホの処分方法について説明しましょう。
バッテリーについて気になっている人はぜひチェックしてください。

  1. スマホバッテリーの寿命
  2. バッテリーの交換時期・交換方法
  3. 古いスマホの処分方法
  4. まとめ

1.スマホバッテリーの寿命

スマホのバッテリーはどのくらい長持ちするのかご存じでしょうか。
バッテリーは永遠と使い続けることができません。
いざというときのためにも‟バッテリーの寿命”を把握しておきましょう。

1‐1.スマホバッテリーの寿命は「1~2年」

今ではさまざまなスマホが登場しています。
スマホバッテリーの寿命は機種によってさまざまですが、スマホの本体は正しく扱えばおよそ「4~5年」使い続けることができるでしょう。
新しい機種が出るたびに機種変更をしている人もいますが、本体は結構長持ちするのです。
しかし、スマホバッテリーの寿命はおよそ「1~2年」と非常に短くなっています。
スマホが作動しない、タッチの反応が悪いなどさまざまな不調はほとんどがバッテリーの寿命からきているのです。
けれども、バッテリーの寿命を知らない人たちは‟本体に問題がある”と勘違いしてしまいます。いちいち機種変更をするのはお金がかかるものです。
寿命をきちんと把握しておけば、バッテリー交換だけで済みますよ。

1‐2.毎日徐々に劣化しているバッテリー

なぜスマホバッテリーは寿命が「1~2年」と短いのでしょうか。
多くのスマホユーザーがバッテリー持ちの悪さで悩んでいます。
実は、毎日徐々にバッテリーは劣化し続けているのです。
毎日スマホを使うかぎり、バッテリーも寿命が縮まります。
また、端末の通信環境、スマホごとの機能、使用しているアプリによっても劣化のスピードが異なるのです。
たとえば、ゲームアプリを使用している人はダウンロードに時間がかかりますよね。
ダウンロードの最中もバッテリーは少しずつ劣化しているのです。

1‐3.バッテリーの寿命を縮める使い方

スマホバッテリーは使い方によっても寿命が短くなります。
あなたは正しくスマホを使用しているでしょうか。
バッテリーの寿命を縮める使い方はたくさんあります。
たとえば、充電しているときです。
スマホを充電しながら使っている人は注意しなければなりません。バッテリーが充電で熱くなっているのに使うのは非常に危険です。バッテリーが熱くなってしまいます。
大きな負荷をかけてしまうので充電中は使わないようにしましょう。
また、充電が満タンになっているのにそのまま充電するのもNGです。
フル充電したままはバッテリーに大きなダメージを与えてしまいます。充電がフルになったらすぐにコードを抜いてくださいね。
以上のように、使い方によってはバッテリーの寿命が早まってしまいます。
くれぐれも気をつけて使いましょう。

2.バッテリーの交換時期・交換方法

2‐1.交換時期になると起こる症状

スマホバッテリーの寿命はおよそ「1~2年」と説明しました。
寿命が近づいてくるとスマホにさまざまな不具合・不調が発生します。
いったいどのような症状が起こるのか、主な症状は以下のとおりです。

  • 勝手に再起動する
  • いきなり電源がオフになる
  • 充電スピードが遅くなった
  • バッテリーの持ちが悪くなった

以上の症状がスマホバッテリー寿命のサインになります。
スマホ本体に問題があるわけではありません。
バッテリーを交換しなければならない時期に突入しているのです。
以上のような症状が自分のスマホに発生したときはすぐバッテリー交換をしましょう。

2‐2.スマホバッテリーの交換方法

スマホバッテリーの交換は携帯電話会社のショップで可能です。
ショップによって異なりますが、購入してから1年以内は無料で交換してもらえるところもあります。
安心して使うためにもスマホを購入する際にきちんと確認しておきたいですよね。
しかし、有料になるケースもあるので注意してください。
スマホの種類によって異なりますが、バッテリー交換はおよそ1万円になります。
1万円出すのがもったいないと感じる人は新しい機種に変更するのも良いでしょう。
自分にとってどちらが良いのか、スマホの使用年数や頻度を確認しつつ判断してくださいね。
後でトラブルにならないよう、しっかりショップからスマホバッテリーについて話を聞きましょう。
面倒くさいから…と説明を短縮してはいけませんよ。

3.古いスマホの処分方法

3‐1.バッテリーは正しい方法で処分する

スマホバッテリーを交換するとき、古いバッテリーの処分方法に困るものです。
しかし、安心してください。古いバッテリーは携帯ショップの回収箱で処分できます。携帯ショップには‟バッテリー回収箱”を用意しているのでぜひチェックしてください。また、電化製品を取り扱っているリサイクルショップでも回収可能です。
ただし、ショップによっては回収費用が必要になるところもあります。
依頼する前に必ず費用を確認してください。
スマホバッテリーは自治体の燃えるごみ・燃えないごみとして捨ててはいけません。
環境破壊につながるので、必ず正しい方法で処分してくださいね。

3‐2.不用品回収業者に依頼する

古いスマホはリサイクルショップや不用品回収業者で処分してもらえます。
中には「買い取り」をしているところもあるので効率的に処分できるでしょう。
まだ使えるスマホであればほとんど買い取ってもらえますよ。
ただし、壊れているスマホは買い取りできません。
買い取ってもらえたら処分費用ゼロでお金を得ることができます。
一石二鳥になるのでおすすめです。
業者によって買い取り価格が異なるため、最低でも3~4社の見積もりを比較してください。
比較すれば最も高値がつく業者が利用できます。お得にスマホが処分できる方法です。また、業者の中には悪徳業者もいます。
対応や見積もりをしっかりと確認して安心できる業者に依頼しましょう。

4.まとめ

スマホバッテリーの寿命やバッテリーの交換時期と方法、古いスマホの処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
スマホバッテリーの寿命は本体よりも非常に短いです。
「本体が壊れたのかな?」と思う症状はほとんどがスマホバッテリーの問題になります。
スマホバッテリーの寿命がきたときに起こる症状を把握して上手にスマホを使い続けていきましょう。

  • スマホバッテリーの寿命はおよそ「1年~2年」
  • 毎日徐々に劣化しているスマホバッテリー
  • 間違った使用方法によって寿命が縮む
  • 交換時期になると起こる4つの症状
  • スマホバッテリーはショップで交換してもらえる
  • バッテリーは正しい方法で処分する
  • 不用品回収業者やリサイクルショップを利用する

以上のポイントはぜひ押さえてください。
スマホバッテリーは使い方によって寿命が異なります。
できるだけ長持ちするためにも正しく使い続けなければなりません。
効率的に使うためにも、ぜひ必要な知識を身につけておきましょう。
スマホの処分方法もしっかりチェックしてくださいね。