テレビの寿命はどのくらい? 寿命のサインやテレビの処分方法も

テレビの寿命は一体どのくらいなのか・どうすれば長く使い続けることができるのか……テレビの寿命で悩んでいる方は多いでしょう。テレビの寿命が近づいてくるとさまざまなサインが現れます。どのようなサインか事前に把握しておけば、寿命がやって来る前に買い換えることができるでしょう。

本記事では、テレビの寿命が近づいているサインや寿命を延ばす方法などについて解説します。

  1. テレビの寿命はどのくらい?
  2. テレビの寿命が近づいているサイン
  3. テレビの寿命を延ばすには?
  4. 寿命がきたテレビの処分方法
  5. テレビの寿命に関してよくある質問

この記事を読むことで、テレビの処分方法も分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.テレビの寿命はどのくらい?

まず、テレビの寿命がどのくらいなのか基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.平均寿命は約8~10年

テレビの種類によって寿命は異なりますが、平均寿命は約8~10年といわれています。元値が高額なのに寿命が8~10年なのは非常に短く感じるでしょう。ただし、あくまで平均寿命であって、正しく使い続けていれば10年以上持つ可能性もあります。逆に、間違った使い方をするとすぐに壊れる恐れもあるので注意しなければなりません。テレビを長く使い続けるためには、正しい使い方を守ることが大切です。

1-2.種類によって寿命は変わる

テレビの種類によって寿命が異なることも把握しておかなければなりません。主なテレビの種類としては、液晶テレビ・有機ELテレビ・プラズマテレビの3種類があります。それぞれの平均寿命は以下のとおりです。

  • 液晶テレビ:約8~10年。20年以上使い続けることもできるが、バックライトの寿命や半導体など内部機器の不具合も寿命に影響する
  • 有機ELテレビ:約4~10年。ほかのテレビよりクオリティは高いがパネルの寿命が短め
  • プラズマテレビ:約15~30年。ある程度のパネルの厚みと大きさが必要となり、パネルの寿命は長め

2.テレビの寿命が近づいているサイン

ここでは、テレビの寿命が近づいているサインについて解説します。

2-1.電源を入れてもテレビがつかない

電源を入れても一向にテレビがつかない場合、それは寿命のサインといえるでしょう。これは液晶テレビでよくある症状ですが、バックライトの寿命が原因だと考えられます。バックライトを交換すればよくなることもあるでしょう。けれども、電源を供給する基盤に不具合が起きている場合は、修理よりも新しく買い換えたほうがベストです。

2-2.画面に線が出る・色がおかしい

テレビの画面に線が出るようになったり、色調に異常が起きたりする場合は、テレビの寿命サインといえるでしょう。保証期間中であれば修理で対応できますが、保証期間が過ぎていたり、大型テレビの場合は修理費用が高くなったりするデメリットがあります。ほかにも、テレビから変な音がしたり、異常に高温になったりする場合も寿命が考えられるので要注意です。特に、焦げ臭さを感じたら出火の恐れがあるため、すぐに使用を中止しメーカーに問い合わせましょう。

2-3.画面が暗くなる

いつもよりもテレビ画面が暗くなっている場合も、テレビの寿命が考えられるサインです。バックライトの寿命が関係しています。購入当初よりも50%程度の明るさになったときが買い換えを考えるベストなタイミングです。画面の明るさを変えていないのに暗くなったと感じたときには、メーカーや購入店などに問い合わせて相談することをおすすめします。

2-4.画面は映っても音声が出ない

テレビ画面は正常に映っていても音声が出ないケースがあります。これはパネルに問題はありませんが、テレビ内部の回路や基盤に不具合が起きている証拠です。テレビ内部の回線や基盤に問題がある場合、修理費用が高額になるケースがほとんどですので、寿命が近づいているなら買い換えを検討したほうがいいでしょう。

3.テレビの寿命を延ばすには?

それでは、テレビの寿命を延ばすポイントについて解説します。

3-1.ホコリがたくさんついたまま放置しない

テレビといった家電類は静電気が発生しているのでホコリがつきやすくなっています。定期的に掃除しなければホコリが積もったままになってしまい、内部に入り込んでしまう恐れがあるのです。ホコリが内部に入ると基盤や回路が故障する原因になってしまいます。ホコリを吸着しやすい性質があるからこそ、乾いた布や専用のダスターなどで適度にホコリを拭き取り清潔な状態で使用しなければなりません。ホコリがついたまま放置しないように気をつけてください。

3-2.湿気が多く、高温の場所に置かない

テレビは湿気が多く、高温の場所に弱い傾向があります。防水タイプのテレビでない限り、湿気が多い場所にテレビを設置してしまうと、電源基盤に水分が浸入してしまい故障の原因になりやすいのです。なるべく長く使い続けるためにも、湿気がたまりにくい場所に設置してください。また、直射日光の当たる場所に置かないことも大切なポイントです。強い日差しはテレビ自体が高温になってしまい、機能の劣化を早めてしまいます。直射日光が当たる場所を避けて、夏場は室温も高くなりすぎないように気をつけましょう。

3-3.長時間つけたままにしない

テレビの寿命を延ばすために、長時間つけたままにしないことも大切です。パネルの寿命は視聴時間に比例して短くなる傾向があるため、1日に長時間テレビをつけるよりも3~4時間しかつけないほうが長く使い続けることができます。テレビをつけたまま寝てしまったり、外出時に電源を切り忘れたりしないように注意しましょう。テレビを見る以外に、ゲームやDVD鑑賞で長時間テレビを使う場合は、寿命が短くなってしまうものだと割り切るべきです。

3-4.画面を傷つけない

テレビを長く使い続けるためには、画面を傷つけないことも大切です。誤って画面に傷をつけてしまったり、子どもがおもちゃを当ててしまったりするケースがあるでしょう。画面に傷がついてしまうと割れの原因になってしまい、買い換えなければならなくなってしまいます。子どもがいる家庭なら壁掛けタイプにするなど工夫を凝らしてください。ただ、不安定な場所に置いてはいけません。不安定な場所はテレビ衝撃を与えやすい環境になるため、内部の基盤に影響を及ぼす可能性があります。なるべく、安定した場所にテレビを設置してください。

4.寿命がきたテレビの処分方法

ここでは、寿命がきたテレビの処分方法を詳しく説明します。

4-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

テレビは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。間違って自治体回収のゴミとして処分してしまうと罰金が科せられる恐れがあります。家電リサイクル法とは、家電に含まれている貴重な資源を再利用し、廃棄量を減らすことが目的の法律です。テレビのほかにも、冷蔵庫・洗濯機・エアコンが対象品目となっています。これらはメーカーによる回収とリサイクルが義務付けられているため、テレビのメーカーに回収依頼をしましょう。なお、リサイクル料金は15V型以下で1,870円、16V型以上で2,970円かかります。

4-2.購入店に回収を依頼する

買い換えを検討している方は、購入店に古いテレビの回収を依頼してください。販売店は家電リサイクル法によって、対象品目の回収が義務付けられています。購入者限定で古いテレビの回収を受け付けているところが多いようですが、念のため事前に確認しておくと安心です。なお、買い換えのつもりはなくても購入したお店にお願いすれば回収してもらえる可能性があります。ただし、リサイクル費用はかかりますので注意してください。なお、回収しに来てもらう際は運搬・出張費用が数千円かかる可能性もあるので要注意です。

4-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するのも、テレビを処分する方法の1つです。不用品の量が多いほど処分費用はかかりますが、手間と時間をかけずに処分できるのが大きなメリットといえます。たとえば、テレビ以外にも処分したいものがあれば、不用品回収業者にまとめて依頼したほうがお得になる可能性もあり得るのです。不用品をまとめて一気に処分したい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

4-4.買取に出すのも選択肢の1つ

テレビが正常に稼働しまだ使える状態であれば、買取に出すのも選択肢の1つです。一般的に、稼働に問題がなければ、ほとんどの買取業者やリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。ゴミとして捨てるのはもったいないと感じている方は、一度査定に出してみてください。高く買い取ってもらうことができれば、処分費用をかけずに手放せるでしょう。ただし、完全に壊れていたり不具合が起きたりしているテレビは買取不可となります。

5.テレビの寿命に関してよくある質問

テレビの寿命に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.寿命のサインが訪れた際の対応策は?
A.液晶テレビに不具合が起きた際は、電源のオンとオフを繰り返してみてください。プラグを一度抜いてから電源を入れ直すという方法でも構いません。電源のオンとオフを繰り返しても直らない場合は、メーカーのカスタマーサービスに相談してみてください。また、メーカーの公式サイトや取扱説明書などにも故障時の症状や解決策が記載されています。

Q.テレビの掃除方法は?
A.簡単にできる掃除方法としては、乾いた布でホコリを取り除く方法があります。マイクロファイバータオルなどを使うと、ホコリが取れやすいのでおすすめです。特に、喫煙者はテレビ画面にヤニがついてしまっているので、テレビ専用のクロスやウェットティッシュなどを使って拭き掃除もするといいでしょう。また、数か月に一度は中性洗剤でクリーニングを行ってください。中性洗剤を使った掃除方法は以下のとおりです。

  1. 薄めた中性洗剤をクロスや専用の布に少量つけ、やさしくテレビを拭く
  2. 水に濡らしてかたく絞ったクロスで水拭きする
  3. 水拭きが終わったら、最後に乾いたクロスでから拭きをして仕上げる

Q.買い換えか修理かの判断基準は?
A.買い換えか修理で悩んだときは、部品保証期間を参考にするといいでしょう。メーカーによって部品保証期間は異なりますが、どのメーカーも8年が目安となっています。すでに部品保有期間が過ぎてしまっている場合、修理を依頼したくても必要な部品がそろわない可能性が高いでしょう。そのため、修理ではなく買い換えになります。また、故障内容によっては修理費用が高額になる恐れもあるため、修理費用も判断基準にしてください。

Q.ネットオークションやフリマアプリでも売れるのか?
A.自分でテレビを売りたい場合は、ネットオークションやフリマアプリを利用するのも方法の1つです。インターネットを通して全国から買い手を見つけることはできますが、すぐに落札されるとは限りません。また、落札されたとしても自分でこん包し相手に送らなければならないというデメリットがあります。その点を踏まえた上で利用してください。

Q.無料回収業者は安心できるのか?
A.なぜ無料回収ができるのか、その理由が明確になっている業者なら安心して依頼できます。たとえば、パソコンダストの場合、回収したものを自社でメンテナンスし再利用したり、部品として販売したりしているので回収費用がかかりません。このように、無料回収業者を利用する際は、無料回収ができる理由に注目してください。無料回収の理由がホームページ等に記載されていない無料回収業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

まとめ

テレビの寿命は種類によって異なりますが、約8〜10年といわれています。ただし、間違った使い方をしていると早めに寿命のサインが現れることもあるので注意が必要です。たとえば、急に電源が入らなくなったり、色が変わったりするなどの症状が出てくるでしょう。寿命のサインが現れたら買い換えまたは修理を検討することになります。寿命が近いのであれば買い換えのほうがいいでしょう。テレビは家電リサイクル法の対象品目になっているため、メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられています。その点に注意して古いテレビを処分してくださいね。