液晶モニターの処分方法は? 無料・リサイクル料がかからないコツ

「液晶モニターを処分したいけど方法が分からない」「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」とお悩みではありませんか? 液晶モニターは中古需要が高いので、種類や状態によっては買取対象になる可能性があります。しかし、買い取ってもらえないものもあるため、買取基準と正しい処分方法を把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、液晶モニターの正しい処分・買取方法とポイントを解説します。

  1. 液晶モニターを処分する前に知っておきたいこと
  2. 液晶モニターの処分方法を紹介!
  3. 液晶モニターを買取に出す方法は?
  4. 液晶モニターの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、液晶モニターの正しい処分方法と買取のポイントが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.液晶モニターを処分する前に知っておきたいこと

まずは、液晶モニターを処分する前に知っておかなければならないことを、一挙に解説します。処分する前に必ず確認してください。

1-1.液晶モニターは自治体で処分できない

基本的に、液晶モニターは自治体で回収してもらえません。なぜなら、液晶モニターはPCリサイクル法の対象品目だからです。ほとんどの自治体が、メーカーへの依頼を推奨しています。具体的な処分方法に関しては、後ほど【2-1.自治体回収は地域で捨て方が異なる】で説明するので要チェックです。

1-2.種類や状態によって買取の対象になることも

要らなくなった液晶モニターは、種類や状態によっては買取の対象になります。状態がよく発売月日が新しいものや、人気が高いメーカーのものが高価買取の対象です。処分前に、正常に稼働するか、不具合や故障が起きていないか、どこのメーカーなのかチェックしてみてください。

1-3.液晶モニターはPCリサイクル法の対象

前述したとおり、液晶モニターの処分で注意しておきたいのが、PCリサイクル法の対象品目になっていることです。PCリサイクル法は、別名「資源有効利用促進法」ともいわれ、パソコンや液晶モニターなどは再利用やリサイクルすることが法律で決められています。これらにはレアメタル・鋼・銅などの貴重な資源が含まれているため、家庭ゴミとして処分できません。基本的に、製造メーカーへリサイクル回収を依頼することになります。また、具体的に対象品目となっているのは、デスクトップ本体、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、ブラウン管ディスプレイです。スキャナーやプリンターは対象外となります。

2.液晶モニターの処分方法を紹介!

では、液晶モニターの具体的な処分方法と、それぞれの特徴について説明します。

2-1.自治体回収は地域で捨て方が異なる

まず、多くの人が思い浮かぶ処分方法が自治体回収です。前述したとおり、液晶モニターは自治体で回収できません。そのことを知らずにゴミとして捨ててしまうと、罰金が科せられる可能性があるので気をつけましょう。自治体が推奨している液晶ディスプレイの処分方法は、以下のとおりです。

  • メーカーに依頼する
  • 小型家電としてリサイクル施設に持ち込む(無料回収)
  • 紹介された地域の一般廃棄物処理業者に依頼する

小型家電リサイクル法を推奨している自治体の場合、公共施設などに回収ボックスが設置されています。この場合は、ボックスに投函(とうかん)するだけで無料回収が可能です。ただし、ボックスに投函できないサイズは、ほかの方法で処分する必要があります。また、地域の一般廃棄物処理業者を紹介されるケースの場合は、回収・運搬費用がかかる恐れがあるので注意してください。

2-2.最も安心なメーカーによる回収

製造したメーカーに依頼する方法が一般的です。液晶モニターにPCリサイクルマークが貼ってあれば無料、貼っていなければ回収資源化料金がかかります。有料の場合は、1台あたり約3,000円~(税抜き)になるでしょう。ただし、液晶モニターのサイズや製造メーカー・大きさなどで異なるため、詳細はメーカーに確認してください。また、ブラウン管タイプの場合は、1台あたり約4,000円~(税抜き)となります。下記に、メーカーへ依頼する場合の主な流れをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

  1. メーカーへホームページまたは電話にて申し込みをする
  2. メーカーに回収資源化料金を支払う(PCリサイクルマークが貼られている場合は無料)
  3. メーカーから届くエコゆうパック伝票に必要事項を記入する
  4. パソコンをダンボール等で簡易こん包して伝票を貼りつける
  5. 郵便局に自宅まで集荷してもらうか、直接郵便局に持ち込んで発送する

2-3.販売店による引き取りも可能

新しい液晶モニターの購入を検討している方は、販売店による引き取りサービスが利用できる可能性があります。引き取りサービスは、基本的に、新しい商品を購入する代わりに古い品物を引き取る仕組みです。店舗によっては、販売から1~2年以内で付属品がそろっていれば下取りになるところもあります。販売から3年以上経過しているものは、買取対象外になるケースがほとんどなので注意してください。あわせて、引き取りにいくらかかるかどうかも確認しておきましょう。

2-4.大量の不用品は回収業者へ依頼する

パソコン本体・キーボード・外付けHDDなど、ほかにも処分したい不用品があれば、回収業者への依頼をおすすめします。不用品が大量にある場合、それぞれに合った方法で買取・処分しなければなりません。時間と手間がかかるので、まとめて処分してもらえる回収業者がスピーディーです。中には、回収だけでなく買取サービスを行っている業者があります。回収と買取が同時にできれば、わざわざ買取不可になったものを処分する必要もありません。また、自分で店舗に持ち運ぶ必要もないため、1番早く買取と処分ができるでしょう。

2-5.業者選びのポイントをチェック!

近年は、「回収後に追加料金を請求された」「不法投棄されていた」など、業者との間でトラブルが続出しているのです。以下ののポイントをしっかりと押さえておきましょう。

  • パソコン関連機器の回収実績がある
  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 回収だけでなく買取も行っている
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 無料相談・無料見積もりを行っている
  • 処分費用が安い・高額買取が期待できる
  • 口コミ・評判がいい

3.液晶モニターを買取に出す方法は?

液晶モニターの買取方法について、ポイントと注意点を紹介します。高額買取のためのポイントもしっかりと押さえておきましょう。

3-1.買取してもらえるのは状態がいいもの

液晶モニターの買取ポイントは状態です。液晶が割れていない・正常に稼働できる・不具合が起きていない・発売年月から3年以内のものであれば、買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。査定のときには、まず状態の良し悪しを確認することになるため、不具合があるものは事前に伝えておいてください。

3-2.高価買取が期待できる種類・メーカー

人気機種かつメーカーであるほど、高価買取が期待できます。液晶モニターの人気メーカーは、ベンキュー・エーサー・イイヤマ・エーシスなどです。人気メーカーに加え、下記の項目に当てはまる液晶モニターなら、相場よりも高額で買取可能でしょう。

  • 標準的サイズの20~24インチ
  • フルHD
  • 非光沢(ノングレア)タイプ
  • 角度調整や回転ができる
  • フリッカー対策機能つき
  • ブルーライトカット機能つき
  • 5年間のメーカー保証がついている

特に、メーカー保証が有効期間内の液晶モニターなら、買い手がつきやすくなることもあり高額買取が可能です。次々と新しい機能が発売されているため、発売年月が新しい種類ほど高く売れるでしょう。査定前に、発売年月とメーカー・製造ナンバーをチェックしてください。

3-3.高く売るポイントは3つ

1つ目は、できるだけ早く売ることです。前述したとおり、液晶モニターなどの家電製品は次々と新しい機種が登場しています。新製品が出るたびに旧製品の価値が下がるため、高価買取を目指すなら早めに売るのが1番といえるでしょう。
そして2つ目は、付属品をそろえることです。液晶モニターを購入する際に、元箱や取扱説明書・保証書・予備の部品などの付属品をそろえることで、買取額がアップするでしょう。
3つ目は、キレイにすることです。液晶にホコリがついている場合は、やわらかいタオル等でやさしくキレイにしましょう。

3-4.買取方法を紹介!

主な買取方法は、リサイクルショップ、PC専門回収業者、ネットオークション・フリマサイトです。それぞれの特徴について詳しく解説します。

3-4-1.リサイクルショップ

リサイクルショップは、液晶モニター以外にもさまざまなジャンルの商品を扱っています。そのため、査定があまく、多少古くて汚れがついているものでも買取対象になる可能性があるのです。ただし、高価買取は期待できないので、数千円になる可能性もあるため、価値がある液晶モニターは的確な値段をつけてくれる専門店に依頼したほうがいいでしょう。

3-4-2.PC専門回収業者

パソコン関連商品を中心に回収を行っている業者へ依頼する方法があります。例えば、パソコンダストの場合、中古品として再販売し、再販売できないものは貴重な資源に分類しリサイクルしているので無料回収が可能です。ホームページ等に無料回収ができる理由がきちんと記載されているか確認してから依頼しましょう。また、回収方法には出張・宅配・持ち込みの3つの方法があります。宅配回収の場合は、送料無料品目(液晶モニター・液晶テレビなど)が1点でもあれば、有料品目を同こんしても無料です。ぜひチェックしてください。

3-4-3.ネットオークション・フリマサイト

自分で売りたい場合は、ネットオークションまたはフリマサイトが利用できます。発売年月からそれほど経過していない新しい液晶モニターほど、高値で売買されているのが特徴です。また、ネットオークションやフリマサイトでは、すでに発売されていない液晶モニターを求めている人も利用しています。買取専門店やリサイクルショップ等で売れなかったものでも、売れる可能性がありますが、確率はかなり低めといえるでしょう。

3-5.買取相場は5,000円~2万円

液晶モニターの買取相場は、5,000円~2万円が目安です。ただし、あくまで目安となるため、サイズが小さく、買取需要が低いものは2,000円以下になることもあります。逆に、アップル製品の液晶モニターでサイズが大きめのものは、5万円以上の買値がつくでしょう。どのくらいで買取されるのか知りたい場合は、買取専門店の実績をホームページ等でチェックしてみてください。

4.液晶モニターの処分に関してよくある質問

液晶モニターの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.家電量販店に依頼する際、いくらかかるのか?
A.エディオンと上新電機それぞれの費用を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

エディオン

  • 液晶・プラズマ(23インチ以下):540円
  • ブラウン管タイプ:1,080円
  • 24インチの場合:4,320円

上新電機

  • 液晶モニターが:540円
  • ブラウン管モニター:1,080円

種類やサイズ・店舗によって異なるため、事前に電話などで確認することをおすすめします。

Q.下取りしてもらえるのか?
A.買取できる状態なら、下取りサービスも可能です。ただし、下取りサービスを行っている店舗や業者は限られているでしょう。状態や販売年月によっては下取り価格が下がったり、下取り不可になったりすることもあります。

Q.無料回収業者は利用しても大丈夫か?
A.「今だけ無料回収します」など、謳(うた)い文句でお客を呼び寄せる業者には要注意です。無料と偽って、回収後に追加料金を請求する恐れがあります。無料回収業者を利用する際は、なぜ無料になっているのかを確認してください。

Q.注意しておきたい回収業者の特徴は?
A.最近は、押し買いを行う業者が急増しています。押し買いとは押し売りの逆で、突然訪問しては貴重品やアクセサリーなど価値があるものを安く買い取ろうとすることです。

Q.液晶モニターを送る際に注意しておきたいポイントは?
A.液晶割れに注意が必要です。液晶画面は衝撃に弱く、すぐに傷ついたり画面が割れたりします。あまり破損状態がひどいと回収・買取不可になるため、配送で送る際は液晶画面を衝撃から守るために、こん包材を利用することが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 液晶モニターは、PCリサイクル法の対象品目なので、自治体で回収できません。基本的に、製造メーカーへ回収を依頼することになります。そして、液晶モニターは状態がよく、発売年月から3〜5年以上経過していないものであれば、買い取ってもらえる可能性があるのです。しかし、すべての液晶モニターが買取対象になるわけでもなく、方法によって買取額が変わるので注意しましょう。PC専門回収業者の中には、無料で処分できるところがあります。無料回収ができる理由を確認した上で、安心して依頼できる業者へ依頼してくださいね。