横浜市で自転車を処分するには? 状態がよければ買取に出そう!

「横浜市で自転車を処分するにはどうしたらよいのか?」とお困りではありませんか? サイズアウトした子供の自転車や壊れて乗れなくなった自転車など、不要になった際の処分方法に悩む人は多いと思います。処分方法が分からなくて放置してしまい、邪魔になっているということもあるでしょう。

この記事では、横浜市における自転車のゴミ区分や処分方法について詳しくご紹介します。

  1. 横浜市で自転車は何ゴミになるのか?
  2. 自治体による粗大ゴミ回収で自転車を処分する場合
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. 自転車の状態によっては買取へ
  5. 横浜市における自転車処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自転車を処分する前にやらなければならないことや、買取対象になる自転車の条件などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.横浜市で自転車は何ゴミになるのか?

まずは、横浜市における自転車のゴミ区分について解説しましょう。

1-1.横浜市で自転車は粗大ゴミ

横浜市では、金属製品の場合は一番長い辺が30cm以上、金属以外の場合は50cm以上のものだと粗大ゴミとして扱われることになります。そのため、自転車は粗大ゴミに分類されるのです。粗大ゴミ回収を利用するには事前の申し込みや収集シールの購入が必要になるため、手順を確認しておきましょう。

1-2.収集に来てもらう方法と自分で持ち込む方法がある

横浜市で粗大ゴミを出す場合、自宅周辺まで収集に来てもらう方法と、市内にあるゴミ処理施設に直接持ち込む方法があります。収集に来てもらう場合は日にちを指定できないため、急いでいる人は直接持ち込んだほうがよいケースもあるでしょう。

2.自治体による粗大ゴミ回収で自転車を処分する場合

横浜市で粗大ゴミ回収を利用して自転車を処分する方法について、詳しくご紹介します。

2-1.収集を依頼する場合

収集を依頼する場合は、事前に電話かインターネットで申し込みをしてください。インターネットでの申し込みは24時間受付をしているので忙しい人にもおすすめです。申し込みの際に収集日や排出場所・料金の確認をし、コンビニや郵便局などで料金分の収集シールを購入しましょう。自転車の目立つ場所に収集シールを貼り、指定された収集日の朝に、排出場所へ持っていってください。

【粗大ゴミ受付センター】

2-2.自己搬入ヤードに持ち込む場合

自分で自己搬入ヤードに持ち込む場合も、事前の申し込みが必要になります。こちらから申し込みが可能なので確認してみてください。この場合も、事前にコンビニや郵便局などで収集シールを購入しておく必要があります。自己搬入ヤードでは購入できないので注意してください。名古屋市の自己搬入ヤードは、以下の4か所があります。

  • 鶴見資源化センター:鶴見区末広町1-15-1(鶴見工場内)
  • 港南ストックヤード:港南区日野南3-1-2(港南資源回収センター内)
  • 長坂谷ストックヤード:緑区寺山町745-45
  • 神明台ストックヤード:泉区池の谷3949-1(神明台処分地内)

2-3.処分手数料は500円

名古屋市における自転車の処分費用は、収集を依頼する場合も自分で持ち込む場合も一律500円です。子供用・大人用どちらの自転車も500円になるので準備しておいてください。

3.不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者に依頼して自転車を処分する方法についてご紹介しましょう。

3-1.回収方法は主に3種類

不用品回収業者による回収方法には、主に持ち込み回収・宅配回収・出張回収の3種類があります。処分したい不用品が多数ある場合は、宅配回収や出張回収がおすすめです。自分で不用品を分別したり運搬したりする必要がないため、手間をかけずに済むでしょう。

3-2.好きなタイミングで処分できるのもメリット

自分の好きなタイミングで自転車を処分できるのも、不用品回収業者を利用するメリットです。業者によっては即日対応が可能なところも多くなっています。引っ越し期日が迫っている場合など、急いでいるときでも安心でしょう。

3-3.パソコンダストの無料回収がおすすめ

パソコンダストでは、不要になった自転車の無料回収を行っています。直接持ち込む方法と、こん包して送る方法があるのでチェックしてみてください。宅配回収を利用する場合、送料無料対象品目と一緒に送ると全国どこからでも送料が無料になります。回収費用も送料も無料になるのは大きなメリットでしょう。

4.自転車の状態によっては買取へ

状態のよい自転車は買取に出してお得に処分しましょう。買取対象になる条件や買取に出す方法などをまとめました。

4-1.こんな自転車は買取に出すのがおすすめ

買取対象になる自転車には、以下のような条件があります。

  • 年式が新しい
  • 故障していない
  • 目立つ汚れや傷がない
  • 使用感が少ない
  • 有名ブランド品

4-2.自転車の買取先は?

自転車の買取先には、一般的なリサイクルショップや自転車専門の買取業者などがあります。元値が高額な人気ブランドの自転車であれば実績豊富な自転車買取業者に依頼するのがおすすめです。自分で持っていくのが難しい場合は、出張買取に対応している業者を選ぶとよいでしょう。ネットオークションやフリマアプリなどを利用して自分で売る方法もありますが、こん包や発送に手間がかかる上に送料が高額になるのでおすすめできません。

4-3.買取業者選びは慎重に

自転車の買取業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にして慎重に選ぶことをおすすめします。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料査定を受け付けているか
  • 相場を反映した金額で買取してくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

5.横浜市における自転車処分に関するよくある質問

「横浜市で自転車を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.横浜市で粗大ゴミとして捨てられないものは何ですか?
A.家電リサイクル法対象品目や家庭用パソコンなどは自治体による回収を行っていません。

Q.自転車のタイヤだけ処分するにはどうしたらよいですか?
A.横浜市の場合、タイヤのホイールは粗大ゴミとして回収しています。ゴム部分は回収していないため、販売店に相談してください。

Q.自転車を処分する際、防犯登録は必ず解除したほうがよいですか?
A.万が一、その自転車が犯罪などに使われた場合、トラブルに巻き込まれることになります。必ず防犯登録は解除してから処分してください。

Q.防犯登録の抹消手続きに必要なものは何ですか?
A.自転車本体と身分証明書・防犯登録カードが必要になります。防犯登録カードを紛失してしまっている場合は、自転車を購入した際の領収書か自転車の保証書を用意しておきましょう。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴を教えてください。
A.ホームページがない・所在地を明らかにしていない・見積書に詳細が記載されていないなどの業者は要注意です。

まとめ

横浜市で自転車を処分する方法について詳しくご紹介しました。横浜市で自転車は粗大ゴミ扱いになりますが、状況によっては別の処分方法を選択すべきケースもあるでしょう。ぜひこの記事を参考に、自分に合った処分方法を見つけてください。